GSK、新たな環境目標を設定 2030年までに気候への影響をネットゼロにするとともに自然環境へのネットポジティブ・インパクトを実現

PDFダウンロード(173KB)

この資料は、英国グラクソ・スミスクラインplcが2020年11月3日に発表したプレスリリースの日本語抄訳であり、報道関係者各位の利便性のために提供するものです。この資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語が優先します。詳細は https://www.gsk.com をご参照ください。

<2020年11月3日 英国ロンドン発>

GSK、新たな環境目標を設定
2030年までに気候への影響をネットゼロにするとともに自然環境へのネットポジティブ・インパクトを実現

気候変動と自然の消失が世界やヒトの健康にさまざまに影響を与えていることを示す、科学的エビデンス1が増加しつつあります。その例として、疾患による死亡の一因となる気温の上昇、感染症の拡大、呼吸器疾患を悪化させる大気汚染などが挙げられます。

グラクソ・スミスクライン(本社:英国、以下GSK)は11月3日付けで、気候や自然環境のいずれについても新たに大きな環境の持続可能性目標を設定したことを発表しました。これは2030年までに気候への影響をネットゼロにするとともに自然環境へのネットポジティブ・インパクトの実現を目指すものです。

この新たな目標は、GSKの優先事項である「トラスト(信頼)」とESGアプローチの一部となるもので、株主に対しては長期的価値を創出し社会のニーズにも対応するという、GSKが掲げる目標を後押しするものとなります。今後10年間にわたり、GSKは環境への影響を軽減するための措置や企業の力だけでは軽減できない残りの影響を相殺する再生プログラムに投資し、自然環境から取得した以上のものを自然環境に戻すことを目指します。

これらの目標に基づいて、GSKでは各事業領域での新たなターゲットを定めました。それには「GSKの全施設における100%再生可能電力の利用と十分な水資源の保護」、「原料の100%を持続可能なリソースから調達する」、「森林破壊ゼロ」、「世界中のGSK営業担当者の社用車を100%電気自動車に移行する」などがあります。目標やターゲットの詳細については、gsk.comでご覧になれます。

最高経営責任者のエマ・ウォルムズリーは次のように述べています。
「グローバルヘルスケアカンパニーとして、GSKは人々の健康を守り向上させることを目的として、地球の健康を守り回復させるために全力を尽くしたいと考えています。事業の環境持続可能性が向上すれば、経営を守りつつさらに活力のある企業へと成長でき、患者さんやコンシューマーの皆さんに信頼される製品をお届けすることが可能になります。

優先事項である『トラスト(信頼)』とESGへの取り組みの一環として、GSKでは環境の持続可能性に関する新たなレベルの大きな目標を掲げることを発表します。具体的には、2030年までに気候への影響をネットゼロにするとともに自然環境へのネットポジティブ・インパクトの実現を保証するという、これからのGSKを確かなものにするための一対の目標となります。

GSKで働く私たち全員が、こういった新たな目標の達成という課題への意欲に満ちています。目標を達成するには、サプライヤーの方々、顧客や消費者の皆さん、患者さんを含め、他の人々と密接に連携していく必要がありますが、そういった方々からのご支援に感謝しています。」

新たな目標は、主としてバイオ医薬品の事業とポートフォリオに適用されます。コンシューマー・ヘルスケア事業は、GSKの一部ではありますが、独自に定めたターゲットを達成することによりこれらの目標に寄与することになります。分社後にできる新生コンシューマー・ヘルスケア企業は、その新たなターゲットが示す通り、世界をリードする企業となります。プラスの環境変化を推進し、日々の健康の向上に役立てることを目的とした、新しく高いレベルの大きな目標がそれを表しています。

GSKは長く環境への影響の軽減に取り組んでおり、2010年には、最初に大きな環境ターゲットを掲げた製薬企業のうちの一社となりました。それ以来、事業全体にわたりGSKでは二酸化炭素排出量を34%、埋め立て廃棄物を78%、水の総使用量を31%、削減しました(2019年のデータ)。

Science Based Targets Initiativeは、パリ協定の最も大きな目標に従いGSKが新たに設定した二酸化炭素の削減目標が、温暖化を1.5°Cに抑えるという道筋に沿ったものであることを認定しています。GSKでは、企業として自然環境に与える影響を評価するという、Science Based Targets Networkによるアプローチと歩調を合わせ、この方法が確定した際には、GSKの自然環境目標の認定取得を目指します。


GSKは、より多くの人々に「生きる喜びを、もっと」を届けることを存在意義とする科学に根差したグローバルヘルスケアカンパニーです。詳細情報は https://jp.gsk.com/ をご参照ください。

 


1 The 2019 report of the Lancet Countdown on health and climate change ensuring that the health of a child born today is not defined by a changing climate