グラクソ・スミスクライン 2019年度第業績発表

PDFダウンロード(551KB)

この資料は、英国グラクソ・スミスクラインplcが2020年2月5日に発表したプレスリリースの日本語抄訳であり、報道関係者各位の利便性のために提供するものです。この資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語が優先されます。詳細は https://www.gsk.com をご参照下さい。

2020年2月5日 英国ロンドン発

グラクソ・スミスクライン 2019年度業績発表
売上高は338億ポンド、AERベースは10%増、CERベースで8%増(プロフォーマCERベースは4%増*)

一株当たり利益は93.9ペンス、AERベースで27%増、CERベースで23%増 調整後一株当たり利益は123.9ペンス、AERベースで4%増、CERベースで1%増

2019年度の業績および製品に関するハイライト

  • 医療用医薬品は176億ポンド、AERベースで2%増、CERベースでは横ばい。ワクチンは72億ポンド、AERベースで21%増、CERベースで19%増。コンシューマー・ヘルスケアは90億ポンド、AERベースで17%増、CERベースで17%増(プロフォーマCERベースは2%増*)。
  • シングリックスの売上高は、米国での販売好調がけん引し、18億ポンド、AERベースで100%超増、CERベースで100%超増。
  • 呼吸器領域製品の総売上高は30億8,100万ポンド、AERベースで18%増、CERベースで15%増。テリルジーの売上高は5億1,800万ポンド、AERベースで100%超増、CERベースで100%超増。ヌーカラの売上高は7億6,800万ポンド、AERベースで36%増、CERベースで33%増。
  • HIV治療薬の総売上高は49億ポンド、AERベースで3%増、CERベースで1%増。2剤併用レジメンの売上高は4億2,200万ポンド。
  • グループ全体の営業利益率は20.6%。グループ全体の調整後営業利益率は26.6%(医療用医薬品は26.2%、ワクチンは41.4%、コンシューマー・ヘルスケアは20.8%)。研究開発費への投資増に加え、米国におけるアドエアのジェネリック製品の影響がワクチンとコンシューマー・ヘルスケアの業績により一部相殺されたことを反映。
  • 一株当たりの利益合計は93.9ペンス、AERベースで27%増、CERベースで23%増。条件付対価の低下を主に反映。
  • 調整後一株当たり利益は123.9ペンス、AERベースで4%増、CERベースで1%増。業績と実効税率の低下が、非支配持分への利益配分増により一部相殺されたことを反映。
  • 事業からのネットキャッシュフローは80億ポンド。フリーキャッシュフローは51億ポンド。
  • 2019年第4四半期の配当は23ペンス。2019年の年間配当は80ペンス。

開発パイプラインに関するハイライト

  • 8つの承認申請が行われ、6つのピボタル試験で良好な結果が得られ、新たに4つの治験薬がピボタル試験段階に進むなど、2019年には研究開発パイプラインが引き続き強化された。
  • 2020年には、オンコロジー、HIV、スペシャリティ・ケア、および呼吸器領域で少なくとも6つの承認が得られる見込み。
  • 4つのオンコロジー製品、COPDおよびRSウイルスに対するワクチンなど、開発パイプラインにあるいくつかの薬剤のプルーフ・オブ・コンセプトのデータを発表する予定。

2020年ガイダンス

  • 調整後一株当たり利益はCERベースで-1%~-4%と低下する見込み。
  • 2020年の配当は80ペンスの見込み。

分社化に向けた準備

  • GSKの2社への分社化に向けた新プログラムを開始:免疫系に関連したサイエンスや遺伝学、新たなテクノロジーの活用にフォーカスした研究開発アプローチを取るバイオ医薬品企業としての新GSKと、コンシューマー・ヘルスケアの新リーダー企業。
  • 研究開発および新薬上市へのさらなる投資に伴い、この2年間のプログラムでは以下を目指す:
    • 研究開発においてモダリティを問わず共通のアプローチを、資本配分の改善とともに推進する。
    • 新GSKにおけるグローバルサポート部門の機能や効率を調整し改善する。
    • ノンコア領域の売却も含め、サプライチェーンとポートフォリオのさらなる最適化の検討を進める。医療用の皮膚科領域の戦略の再検討中。
    • コンシューマー・ヘルスケア事業を独立した企業として運営する準備。
  • このプログラムの総コストは24億ポンド(うちキャッシュは16億ポンド)と見込んでおり、2022年までに年間7億ポンドのコスト削減を目標としている。2022年以降は大幅な改善により業績向上が期待される。検討している売却の実施により、プログラムにかかる現金コストを概ね補填できる見込み。
  • コンシューマー・ヘルスケア部門の分社化にかかる一回限りの追加コストは推定6~7億ポンド。

 

2019年度業績結果

  2019 成長率 Q4 2019 成長率
  £m £% CER% £m £% CER%
売上 33,754 10 8 8,899 9 11
営業利益合計 6,961 27 23 1,902 22 29
一株当たり利益合計 93.9p 27 23 26.2p 6 12
調整後営業利益 8,972 3 - 1,852 (16) (11)
調整後一株当たり利益 123.9p 4 1 24.8p (21) (16)
営業活動によるネットキャッシュ 8,020 (5)   3,453 (16)  
フリーキャッシュフロー 5,073 (11)   2,533 (22)  

全体の業績結果は11、26ページの「Financial performance」に、調整後業績結果の修正は21、22、35、36ページに記載されています。調整後の業績結果はIFRSに基づかない指標であり、IFRSに基づき提示されている情報に加えて検討する性質のものであり、それに代わるまたはそれより優れているものではありません。調整後業績結果は9ページに記載されており、£%、AER%成長率、CER%成長率、フリーキャッシュフローおよびその他のIFRSに基づかない指標の定義は60ページに記載されています。GSKは、10ページに記載された理由のみに基づいて、調整後結果ベースにガイダンスを提示しています。将来の業績や配当金の支払いに関する全ての見込み、ガイダンスや目標は、61、62ページにある「Outlook, assumptions and cautionary statements」と併せて読む必要があります。

* 報告AER、CER成長率には、ファイザーの前のコンシューマー・ヘルスケア事業の5カ月間の業績結果が含まれています。プロフォーマCER成長率は、ファイザーが報告している通りの同社のコンシューマー・ヘルスケア事業の5カ月間の業績結果と同等の結果が、2018年の比較期間に含まれているという前提に基づいて計算されています。ページ10の「プロフォーマ成長」を参照。

最高経営責任者のエマ・ウォルムズリーは次のように述べています。
「キャッシュ創出が堅調であったことも重なり、2019年の業績は売上および収益の伸びを伴い好調でした。さらに、開発パイプラインの強化、戦略実行力の向上、企業変革という点からも、GSKの長期的な優先事項である“イノベーション”、“パフォーマンス”、“トラスト”のすべてにおいて素晴らしい進捗がありました。

2020年も引き続きイノベーションがGSKの最優先事項であり、開発パイプラインを進展させ新薬を上市することを目指します。最近発表したデータは、研究開発や新薬への投資をさらに増やすという当社の決断に確信を持たせてくれます。同時に我々は、コンシューマー・ヘルスケア事業の統合を順調に進めるなどの業務執行に改めて力を入れるとともに、GSKの2社への分社化にむけた2年間のプログラムの開始など、将来に向けた準備を進めています。

これらは全て、今後の成長や大きな価値の創出、バイオ医薬品とコンシューマー・ヘルスケアの分野で新たにリーダーとなる2つの企業を確立させるためです。いずれの企業も何億もの人々の健康向上に役立つ可能性を秘めています」

2020年ガイダンス
以下に2020年度の収益予想を記載します。この内容には、主要な新製品の成長への期待に加え、GSKの2社への分社化に向けた新たなプログラムの実施とあわせて、新製品や研究開発パイプラインに引き続き投資を増やしていく2年計画が開始したことへの期待が反映されています。

2020年には、調整後一株当たり利益がCERベースで-1%~-4%の範囲で低下する見込みとなっています。このガイダンスでは、既に発表している内容を超えるさらに大きな売却や、コロナウイルスのアウトブレイクが事業に影響をおよぼす可能性は除外しています。

将来の業績や配当金の支払いに関する全ての見込み、ガイダンスや目標は、61、62ページにある「Outlook, assumptions and cautionary statements」と併せて読む必要があります。

2020年1月31日の終値(1.31ドル/1ポンド、1.19ユーロ/1ポンド、143円/1ポンド)の為替レートが2020年末まで続くと仮定した場合、2020年のスターリングでの売上高成長に対するマイナスの影響はおよそ3%と推定され、為替差損益が2019年と同じ水準とみなされた場合、2020年のスターリング調整後一株当たり利益成長に対するマイナスの影響はおよそ5%と推定されます。

プレスリリースの原文はhttps://www.gsk.com/media/5820/fy-2019-results-announcement.pdfを参照ください。