プレスリリース

グラクソ・スミスクラインと国立がん研究センター 戦略的パートナーシップ契約を締結

グラクソ・スミスクライン(本社:英国、以下GSK)と国立研究開発法人国立がん研究センター(所在地:東京都中央区、理事長 中釜斉 以下 国立がん研究センター)は、2020年1月14日付で、がん領域における研究開発に関する包括的な戦略的パートナーシップ契約を締結しました。

Read more - グラクソ・スミスクラインと国立がん研究センター 戦略的パートナーシップ契約を締結 Read more

GSK、狂犬病ワクチンおよびダニ媒介脳炎ワクチンの Bavarian Nordic社への売却を完了

グラクソ・スミスクライン(本社:英国、以下GSK)は2019年12月31日、トラベラーズワクチンであり、狂犬病の予防及び発病阻止を効能・効果とした「ラビピュール筋注用」(以下「ラビピュール」米国での商品名:Rabavert)とダニ媒介脳炎予防を効能・効果としたEncepurのBavarian Nordic社への売却を完了したことを発表しました。

Read more - GSK、狂犬病ワクチンおよびダニ媒介脳炎ワクチンの Bavarian Nordic社への売却を完了 Read more

A型ボツリヌス毒素製剤「ボトックス注用50単位」、「ボトックス注用100単位」、過活動膀胱、神経因性膀胱の適応追加および上肢痙縮の用法・用量変更について承認取得

グラクソ・スミスクライン株式会社はA型ボツリヌス毒素製剤「ボトックス注用50単位」、「ボトックス注用100単位」(以下「ボトックス」)について、本日、「既存治療で効果不十分又は既存治療が適さない過活動膀胱における尿意切迫感、頻尿及び切迫性尿失禁(以下、過活動膀胱)」、「既存治療で効果不十分又は既存治療が適さない神経因性膀胱による尿失禁(以下、神経因性膀胱)」の適応追加および上肢痙縮の用法・用量変更についての承認を取得したことをお知らせいたします。

Read more - A型ボツリヌス毒素製剤「ボトックス注用50単位」、「ボトックス注用100単位」、過活動膀胱、神経因性膀胱の適応追加および上肢痙縮の用法・用量変更について承認取得 Read more

メポリズマブ 好酸球増加症候群(HES)の患者において、抗IL-5抗体薬として 初めて再燃を有意に抑制

グラクソ・スミスクライン(本社:英国、以下GSK)は11月13日、好酸球増加症候群(Hypereosinophilic Syndrome、以下HES)※の患者に対する治療として抗インターロイキン5(IL-5)抗体薬であるメポリズマブを用いた主要な臨床試験において、良好な結果が得られたことを発表しました。これにより、メポリズマブは希少疾病であるHESの再燃を抑制することを示した初めての治療薬となります。

Read more - メポリズマブ 好酸球増加症候群(HES)の患者において、抗IL-5抗体薬として 初めて再燃を有意に抑制 Read more

グラクソ・スミスクライン、第23回企業電話応対コンテストで 理事長賞を受賞~4年連続入賞~

グラクソ・スミスクライン株式会社(社長:ポール・リレット、本社:東京都港区、以下GSK)は、公益財団法人日本電信電話ユーザ協会が主催する「第23回企業電話応対コンテスト」において、「理事長賞」を受賞ました。昨年の優秀賞に続いて4年連続での受賞で、これまでの入賞は計10回となり、そのうちの2回が最高峰の会長賞です。

Read more - グラクソ・スミスクライン、第23回企業電話応対コンテストで 理事長賞を受賞~4年連続入賞~ Read more

グラクソ・スミスクライン 2019年第3四半期業績発表

この資料は、英国グラクソ・スミスクラインplcが2019年10月30日に発表したプレスリリースの日本語抄訳であり、報道関係者各位の利便性のために提供するものです。この資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語が優先されます。詳細は http://www.gsk.com をご参照下さい。

Read more - グラクソ・スミスクライン 2019年第3四半期業績発表 Read more

グラクソ・スミスクライン株式会社 2019年度GSK医学教育事業助成の対象学会を発表

グラクソ・スミスクライン株式会社(代表取締役社長:ポール・リレット、本社:東京都港区、以下GSK)は、本日、2016年より開設した「GSK医学教育事業助成」について、2019年度に採択された対象学会について、ウェブサイトを通じて発表いたしました。

Read more - グラクソ・スミスクライン株式会社 2019年度GSK医学教育事業助成の対象学会を発表 Read more

GSK、狂犬病ワクチンおよびダニ媒介脳炎ワクチンを Bavarian Nordic社に売却することに合意

グラクソ・スミスクライン(本社:英国、以下GSK)は10月21日、トラベラーズワクチンであり、狂犬病の予防及び発病阻止を効能・効果とした「ラビピュール筋注用」(以下「ラビピュール」米国での商品名:Rabavert)とダニ媒介脳炎予防を効能・効果としたEncepurをBavarian Nordic社に売却することを発表しました。

Read more - GSK、狂犬病ワクチンおよびダニ媒介脳炎ワクチンを Bavarian Nordic社に売却することに合意 Read more

日本初、医療用成分「フルチカゾンプロピオン酸エステル」配合のスイッチOTC新製品「フルナーゼ点鼻薬<季節性アレルギー専用>」11月1日(金)より全国で発売開始

英国系製薬企業グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社(社長:シッド・シン、本社:東京都港区)は、花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎症状に優れた効果を発揮する鼻噴霧用ステロイド薬「フルナーゼ点鼻薬<季節性アレルギー専用>」(以下、「フルナーゼ点鼻薬」)を、11月1日(金)より発売いたします。

Read more - 日本初、医療用成分「フルチカゾンプロピオン酸エステル」配合のスイッチOTC新製品「フルナーゼ点鼻薬<季節性アレルギー専用>」11月1日(金)より全国で発売開始 Read more