今日のGSK誕生の道のり:1950年-1999年

この50年間は、GSKにとって極めて重要な期間となりました。この間に私たちは、最初のHIV治療薬を開発し、コンシューマーブランドを拡充し、新しい喘息治療薬を開発しました。会社の統合によって、スミスクライン・ビーチャムとグラクソ・ウエルカムを創設しました。最終的に、この2社が合併してGSKが誕生しました。

ガートルード・エリオンとジョージ・ヒッチングス、1988年。出典:Will & Deni McIntyre

 

感動的な母核の発見

ビーチャム・リサーチ・ラボズ(ビーチャムの研究開発を担う子会社、1945年に登録)は、1954年からペニシリンの製造に集中し、1957年にペニシリンの核、つまり、6-APAとして知られているペニシリン分子の母核を発見しました。そして、この母核から、より有効な新しいペニシリンの開発が可能になりました。

ノーベル賞受賞となる数々の発見

ウエルカム財団の米国の子会社であるバローズ・ウエルカム・アンド・カンパニー(米国)でジョージ・ヒッチングス博士が率いる研究チームが、1951年から1981年にかけて次々と重要な発見をしました。その中には、白血病、痛風、ウイルス感染症や臓器移植拒絶反応に対する最初の治療薬の一部が含まれていました。ヒッチングスは、ガートルード・エリオンとともに、薬物療法における重要な原理の革新的大発見により、1988年にノーベル医学賞を受賞しました。

1984年、バローズ・ウエルカム・アンド・カンパニーの科学者マーティ・セントクレアは、エリオンとヒッチングスが開拓した方法を活用しながら、最初のHIV治療薬を開発する最前線にいました。このHIV治療薬は1987年に承認されました。

 

1957年

ビーチャム・リサーチ・ラボズがペニシリンの母核を発見

1987年

最初のHIV治療薬を発売

1988年

ジョージ・ヒッチングス、ガートルード・エリオンとジェームズ・ブラックがノーベル医学賞を受賞

 

インフルエンザとの闘い

1957年、バローズ・ウエルカム・アンド・カンパニー(米国)は、風邪とインフルエンザの症状に対する新しい風邪薬Sudafedを発売し、その2年後にはActifedを発売しました。両剤とも人気を博すコンシューマーブランドになりました。

1960年、スミス・クライン・アンド・フレンチ・カンパニーがコンタックを発売しました。コンタックは、世界で最もよく売れている風邪・アレルギー薬になりました。

 

アクアフレッシュの初めてのテレビコマーシャルからのスチール写真、1973年

オーラルケア製品

1973年、ビーチャム・グループは、練り歯磨きの新製品アクアフレッシュを発売しました。この歯磨きは、特徴的なストライプ模様で誰もが知るブランドになりました。最初の二つのストライプは、ムシ歯と口臭を予防するためのものでした。三つ目のストライプは、健康な歯茎のためのもので、1981年に追加されました。

 

 

定量吸入器の充填済みエアロゾルの確認作業、英国ウェアにて、1980年代

グラクソが喘息治療薬に取り組む

1958年、グラクソ・ラボラトリーズ・リミテッドがアレン・アンド・ハンブリーズ・リミテッドを買収しました。1963年に、喘息治療薬の開発に特化した研究チームが組織され、1969年に最初の治療薬が発売されました。その後の数十年間に、いくつもの喘息治療薬が上市されました。グラクソの科学者たちは、より使いやすい機器を使って薬剤のデリバリーの仕組みを改良することにも取り組みました。

 

1958年

グラクソ・ラボラトリーズ・リミテッドがアレン・アンド・ハンブリーズ・リミテッドを買収

1960年

風邪・インフルエンザ薬ブランドコンタックが発売

1973年

ビーチャムの練り歯磨きアクアフレッシュが発売

 

創薬:潰瘍治療薬

1976年、スミス・クライン・アンド・フレンチ・ラボラトリーズの科学者たちが、潰瘍患者に対する画期的な治療薬を開発しました。2年後、この治療薬の売上高は10億ドル以上に達しました。同社のサー・ジェームズ・ブラックは、この治療薬の発見に貢献した彼の研究方法によりノーベル賞を受賞しました。

その後の合併により最終的に2社に

1989年、スミスクライン・コーポレーション(スミス・クライン・アンド・フレンチ・ラボラトリーズの親会社)がビーチャム・グループplc.と合併して、スミスクライン・ビーチャムplc.が設立されました。

1986年、ウエルカム・トラストは、ウエルカム財団の株式を公開で売却してウエルカムplc.を設立しました。1995年、ウエルカム・トラストが残りの株式をグラクソplc.に売却し、世界最大の製薬企業グラクソ・ウエルカムplc.が創立されました。

こうして、1995年までに、今日の私たちの礎を築いた大半の会社は、グラクソ・ウエルカムもしくはスミスクライン・ビーチャムのいずれかに統合されました。

 

1982年

スミスクライン・コーポレーション(スミス・クライン・アンド・フレンチ・ラボズの親会社)がベックマン・インスツルメンツと合併し、スミスクライン・ベックマン・コーポレーションを設立

1986年

ウエルカム・トラストがウエルカム財団の株式を公開で売却し、ウエルカムplc.を設立

1989年

スミスクライン・ベックマン・コーポレーションがベックマンから分離してビーチャム・グループplc.と合併し、スミスクライン・ビーチャムplc.を設立

1995年

ウエルカム・トラストが残りの株式をグラクソplc.に売却し、グラクソ・ウエルカムplc.を創立

 

英国スティーブニッジにある新しいグラクソ・ウエルカム研究開発センター、1995年