Skip to Content Skip to Search
研究開発の取り組み

研究開発の取り組み

「Multiplier(相乗効果)」の推進:サイエンス×テクノロジー×カルチャー

研究開発を通じて、多くの患者さんに最大の価値をもたらす次世代型医薬品を届けます。

医療用医薬品事業では、免疫系に関連する科学、遺伝学と先進技術の活用に集中して取り組んでいます。GSKの研究開発の推進力となっているのは、「Multiplier(相乗効果)」(サイエンス×テクノロジー×カルチャー)という考え方です。これはチーフ・サイエンティフィック・オフィサーであり、研究開発部門のプレジデントであるハル・バロンによって2018年に提唱されました。

このアプローチでは、画期的な医薬品をより早く発見、開発、提供することを目指します。つまり、患者さんの生活を改善できる医薬品になる可能性が高い分子の開発を優先させるということです。

ワクチン事業では、2つの優先事項―ワクチン候補のパイプライン、既存ワクチンのライフサイクル管理―にバランスよく取り組んでいます。私たちの目標は、世界のより多くの地域で、より多くの人々を守ることです。

テクノロジーや、科学と人体に対する理解が進むにつれ、最も困難な健康問題を解決し得る新たな突破口を見出すことができるようになるでしょう。GSKは遺伝組み替えワクチンの開発やさまざまなアジュバントの導入などにより、ワクチン科学の限界に挑戦し続けています。

「Multiplier(相乗効果)」の3要素は以下のとおりです:

サイエンス

創薬と開発にはリスクが伴います。臨床試験段階にある薬が医薬品になる確率は10%未満です。

サイエンス

テクノロジー

GSKは研究開発において先進技術への惜しみない投資を行っています。

GSKでは、AIやマシンラーニングを活用することで、遺伝学やゲノムデータをより詳細に理解し解析する作業を進めています。機能ゲノミクスへの投資には、創薬標的の発見と検証を容易にするゲノム編集技術CRISPRも含まれています。私たちは、細胞治療と遺伝子治療において今後も強みを発揮していきます。

カルチャー

GSK独自のカルチャーが研究開発に命を吹き込みます。

カルチャー