Skip to Content Skip to Search

私たちがフォーカスしていること

GSKは、卓越した科学技術に投資を行うことで、さまざまな重点分野における新製品のパイプラインを開発・販売しています。

GSKの研究開発は、免疫系に関連する科学や、遺伝学と先進技術の活用を中心に行われています。初期段階の研究は治療分野に限定せず、科学的な追求するよう積極的に奨励されます。研究が進むにつれ、新薬候補は、より多くの患者さんに対してより大きな効果が期待できるとデータが示した治療分野に関連づけられます。

オンコロジー

オンコロジー

GSKのオンコロジー研究は、画期的な医薬品を用いて患者さんの生存率を最大限に引き上げることを目指しています。私たちは、がん患者さんの支援に取り組んでいます。GSKのオンコロジー分野におけるパイプラインは、有機的に、また外部との連携によって大きく進化しており、現在17件の臨床開発が進行しています。

HIV

HIV

GSKは、医薬品を開発することにより新たな方法でウイルスを抑制・予防し、HIV治療の負担を軽減することでHIVの治療、予防及び治癒の改善に長年取り組んできました。GSKのHIV事業は、HIV治療に特化したグローバル企業であるヴィーブヘルスケアを通して行われています。同社の株式の過半数はGSKが保有しています。他の株主としてはファイザーとシオノギ製薬が名を連ねています。抗レトロウイルス薬のポートフォリオは13件と幅広く、HIV患者さんに広い治療の選択肢を提供しています。

感染症とグローバルヘルス

感染症とグローバルヘルス

GSKは、細菌、ウイルス、寄生虫による感染症の対策に取り組んでいます。世界的な健康問題への対応の一環として、発展途上国の子どもたちや若者の感染症対策、特に、マラリア、結核、HIV/AIDSに焦点を当てています。スペインのトレスカントスにある世界先端のGSK研究センターでは、120人以上の研究者が、結核、マラリア以外にも、キネトプラスト類による感染症といった「顧みられない熱帯病」、小児に下痢を引き起こす感染症などに対応する、新たな医薬品の開発に取り組んでいます。

免疫炎症

免疫炎症

GSKは、さまざまな疾患を引き起こす鍵となる免疫システム関連の生物学に焦点を当てています。患者さん個人だけでなく社会的にも大きな負担となっている炎症性疾患に変化をもたらし得る医薬品の開発を目指しています。

呼吸器疾患

呼吸器疾患

GSKは約50年にわたり、気管支喘息とCOPDの領域において、治療薬の研究開発をリードしてきました。
2012年以来、私たちは6つの呼吸器系医薬品を販売し、1日1回吸入の呼吸器疾患治療薬においては幅広いポートフォリオを備えています。

ワクチン

ワクチン

画期的なワクチン技術への投資は、差別化を図るための重要なポイントであり、将来的に大きな恩恵をもたらします。