プライバシーポリシー

当社は、ご本人から当社にご提供いただく個人情報、個人番号及び特定個人情報(以下、個人情報等)並びに匿名加工情報を重要なものと認識し、個人情報等及び匿名加工情報を適切に取り扱い、当社に対する信頼に応えるとともに、医薬品企業としての社会的責務を果たし、個人情報等及び匿名加工情報の保護に努めるために、以下のとおり基本方針(以下、本方針)を定めます。

1. 法令等の遵守
当社は、個人情報の保護に関する法律(以下、個人情報保護法)、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(以下、番号法)、関連諸法令、関連省庁等のガイドライン(以下、併せて法令等)を遵守し、個人情報等を適切に取り扱います。

2. 個人情報保護基本規程の制定
当社は、「個人情報保護基本規程」(以下、本規程)を定め、個人情報等及び匿名加工情報保護の社内体制を整備し、社長の下に「個人情報保護統括責任者」を任命し、この責任者の下、「個人情報管理責任者」を置き、個人情報等及び匿名加工情報の適切な管理体制のもと、個人情報等及び匿名加工情報を適正に管理します。

3. 個人情報等の利用目的の特定
当社は、あらかじめ利用目的をできる限り特定したうえで、特定した利用目的の達成に必要な範囲内で、個人情報等を取り扱います。

4. 個人情報等の適正な取得
当社は、偽りその他不正な手段で個人情報等を取得いたしません。
ご本人から直接個人情報等をご提供いただく場合は、あらかじめ利用目的を明示します。また、第三者からご本人の個人情報を取得する場合は、第三者が利用目的をご本人に通知又は公表を行っていること、及び、第三者提供が認められていることを確認するなど、個人情報を適正に取得します。要配慮個人情報を取得する場合は、原則としてあらかじめご本人の同意を得ることとします。なお、当社は、番号法第19条各号に該当する場合を除き、他人に対し、個人番号及び特定個人情報の提供を求めません。

5. 個人情報等の利用目的の公表等
当社は、個人情報等を取得する場合には、あらかじめご本人に利用目的を通知又は公表します。

当社の「利用目的の公表」 こちら参照>

6. 個人情報等の利用
当社は、ご本人に通知又は公表した利用目的の達成に必要な範囲内で、個人情報等を利用します。

7. 第三者提供の制限
あらかじめご本人の同意を得ないで、原則として、個人データを第三者に提供しません。
但し、第三者に該当しないものとして、法が定めている以下の場合は除きます。

1) 個人データの取扱いの全部又は一部を委託する場合
2) 合併その他事業の承継に伴って個人データが提供される場合
3) 個人データを特定の者との間で共同して利用する場合

また、第三者への提供を利用目的とする個人データ(要配慮個人情報を除く)については、ご本人の同意を得ずに第三者に提供させていただくことがあります。ただし、ご本人から第三者提供の停止の求めがあれば、当社は、第三者提供をすみやかに停止いたします。
第三者から個人データの提供を受け又は第三者に個人データを提供する場合は、適切な確認及び記録を行うこととします。
個人データを外国にある第三者に提供する場合は、個人情報保護法第24条に従って提供するものとします。
なお、上記に関らず、個人番号及び特定個人情報に関しては、番号法第19条各号に該当する場合を除き、第三者に提供しません。

8. 個人データの共同利用
当社は、個人データ(個人番号及び特定個人情報を除く)を第三者との間で共同利用する場合は、あらかじめご本人に通知又はご本人が知りうる状態に置きます。 

個人データの「共同利用」に関する事項 こちら参照>

9. 個人データの正確性の確保
当社は、利用目的の達成に必要な範囲内において、個人データ、個人番号及び特定個人情報を正確かつ最新の内容に保つように努めます。

10. 匿名加工情報の取り扱い
当社は、個人情報保護法及び法令等を遵守して、匿名加工情報の適正な取扱いを行います。

11. 安全管理措置
当社は、個人データ、個人番号及び特定個人情報並びに匿名加工情報の漏えい、滅失又は毀損の防止その他の個人データ、個人番号及び特定個人情報並びに匿名加工情報の安全管理のために、必要かつ適切な措置を講じます。

12. 委託先の監督
当社は、個人データ、個人番号及び特定個人情報の取扱いを第三者に委託する場合は、委託された個人データ、個人番号及び特定個人情報の安全管理が図られるように、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。

13. 役員及び従業員の教育・啓発
当社は、個人情報等及び匿名加工情報の漏洩等の防止等、取り扱う個人情報等の適切な保護が確保されるために、当社の役員及び従業員に対して、当社の定めた本方針及び本規程、法令等に関し、教育・啓発を図ります。

14. 違反行為への措置
当社は、当社の役員及び従業員が個人情報保護法、番号法、法令等及び本規程の定めに違反した場合は、懲戒処分を行うとともに、速やかに適切な措置を講じます。

15. 保有個人データの開示等の請求
当社は、当社の保有個人データ(特定個人情報ファイルを構成する個人情報に関するものも含む)に関し、ご本人から利用目的の通知、開示、訂正、追加又は削除、利用停止、消去及び第三者提供の停止のご請求があった場合には、法令の定めるところに従い、遅滞なく誠実にご請求に対応します。

開示等の請求を受け付ける方法 こちら参照>

16. 個人情報等の取扱いに関する苦情の申出先

(1)当社のお問い合わせ窓口の設置
当社は、本人からの個人情報等の取扱いに関する苦情等のお問い合わせに対応するため、以下の窓口を設置して、適切かつ迅速な対応をします。

〒107-0052
東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
グラクソ・スミスクライン株式会社
個人情報保護窓口対応責任者宛
個人情報お問い合わせフォーム

(2) 当社の所属する「認定個人情報保護団体」の名称及び苦情の申出先
当社は、認定個人情報保護団体である日本製薬団体連合会の対象事業者です。同会では、以下のとおり、個人情報保護センターを設置し対象事業者の個人情報の取扱いに関する苦情・相談を受け付けております。

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-1-5 東京薬業会館内
日本製薬団体連合会 個人情報保護センター

●電話番号 03-3270-1810
 (土日・祝祭日、年末年始・その他所定の休日を除く 10:00~16:00)
●ホームページアドレス:http://www.fpmaj.gr.jp/

17. 本方針等の改定
当社は、個人情報等に関する本方針、本規程等の個人情報等保護の取り組みを適宜見直し、継続的な改善をしてまいります。

◆ 本基本方針で使用する「個人情報」「要配慮個人情報」「個人データ」「保有個人データ」及び「匿名加工情報」の用語は、個人情報保護法第2条に定める定義のとおりとします。また、「個人番号」、「特定個人情報」及び「特定個人情報ファイル」の用語は、番号法第2条に定める定義のとおりとします。

制定 
2005年 4月1日
改訂
2005年12月1日
2007年2月1日
2007年9月3日
2008年4月1日
2009年12月1日
2010年11月1日
2012年7月2日
2013年3月25日
2014年10月1日
2015年3月2日
2016年6月1日
2017年5月30日

グラクソ・スミスクライン株式会社
個人情報保護統括責任者