COVID-19ワクチンの開発に向けて、サノフィとGSKが前例のない提携を開始

PDFダウンロード(180KB)

この資料は、仏サノフィおよび英国グラクソ・スミスクラインplcが2020年4月14日に発表したプレスリリースの日本語抄訳であり、報道関係者各位の利便性のために提供するものです。この資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語が優先されます。詳細はhttp://www.gsk.comをご参照下さい。

<2020年4月14日、フランスパリ、英国ロンドン発>

  • 両社の技術を組み合わせ、アジュバント添加COVID-19ワクチンの開発を目指す

  • 2020年下半期に候補ワクチンの臨床試験を開始する予定であり、成功すれば、2021年下半期に実用化の見込み

サノフィ(本社:フランス)とグラクソ・スミスクライン(本社:英国、以下GSK)は本日、現在の新型コロナウイルスによる感染症の世界的大流行に対処するため、両社の技術を活かし、COVID-19に対するアジュバント添加ワクチンを開発する同意書に署名したことを発表しました。

サノフィは、遺伝子組換えDNA技術をベースとするS-タンパク質COVID-19抗原を提供します。遺伝子組換えDNA技術により、ウイルスの表面に検出されたタンパク質と正確に一致する遺伝子配列を作成することができます。抗原をコード化するDNA配列を、サノフィが米国で開発に成功し承認された遺伝子組換えインフルエンザワクチンの基盤となったバキュロウイルス発現プラットフォームに組み込みます。

GSKは、実証済みのパンデミックアジュバント技術を提供します。アジュバントの使用はパンデミックの状況下では特に重要です。アジュバントを使用することにより、1回の接種に必要なワクチン用タンパク質の量が抑えられるため、ワクチンの生産量を増やすことができ、より多くの人々を守ることに貢献できるからです。

サノフィ最高経営責任者(CEO)のポール・ハドソンは、次のように述べています。「世界は未曾有の医療危機に直面しており、1つの企業が単独で対処することは不可能です。そのため、サノフィは、GSKなどの業界他社と協力し自社の専門知識とリソースを補完することで、十分な数量のワクチンを作り出して供給するという目標に向けて取り組んでいます。」

GSK最高経営責任者(CEO)のエマ・ウォルムズリーは、次のように述べています。「この提携により、世界トップクラスのワクチン企業2社が協力することになります。両社の科学的専門知識、技術、能力を組み合わせることにより、ワクチンを開発する世界的な取り組みを加速し、できるだけ多くの人々をCOVID-19から守りたいと考えています。」

タンパク質ベースの抗原をアジュバントと組み合わせる方法は、現在提供されている多くのワクチンで使用されている確立された方法です。アジュバントは、免疫応答を高めるために一部のワクチンに添加するもので、それによって感染症に対し、ワクチン単体よりも、強力かつ長期的に持続する免疫を作り出すことができます。また、有効なワクチンを大量に生産できる可能性も高まります。

両社は、2020年下半期に第I相臨床試験を開始する予定であり、これに成功すれば、規制当局による審査を経て、2021年下半期までに実用化できるよう、開発の完了を目指します。

これまでにサノフィが公表したとおり、遺伝子組換え技術をベースとするCOVID-19ワクチン候補の開発は、米国保健福祉省(HSS)事前準備・対応担当次官補局(ASPR)の一部門である米国生物医学先端研究開発局(BARDA)との協力の下で、同局の資金提供を受けて実施されています。両社は、他の政府や世界的なアクセスを優先する国際機関からの財政支援について協議を進める予定です。

BARDAのディレクターであるリック・A・ブライト博士(Rick A. Bright, Ph.D)は次のように述べています。「コロナウイルスのワクチンをできるだけ早く提供するには、ワクチン業界のリーディングカンパニーによる戦略的提携が不可欠です。COVID-19に対するアジュバント添加遺伝子組換えワクチン候補を開発すれば、ワクチンの用量を減らし、より多くの人々にワクチンを提供しこのパンデミックを収束させ、将来的なコロナウイルスの流行に適切に備えるだけでなく、予防することも可能になるでしょう。」

両社は、サノフィのワクチン事業部門のグローバルヘッドであるデヴィッド・ロウと、GSK グローバルワクチン プレジデントのロジャー・コナーが共同議長を務める共同タスクフォースを設置しました。タスクフォースは、両社のリソースを動員し、ワクチン候補の開発を加速するあらゆる機会を模索していきます。

パンデミックには大きな人的・資金的課題が伴うことを考慮し、両社はCOVID-19ワクチンが世界中で使用できるようにすることを最優先し、すべての国の人々に対して、公正に提供できる仕組みを通じて、一般の人々がこの提携によって開発されたワクチンを使用できるよう努めていきます。

今回の提携は、COVID-19との闘いにおいてサノフィとGSKが現在取り組んでいる活動の中で、重要な節目となります。両社は、研究成果有体物移転契約(MTA)を締結し、すみやかに共同研究を進められるようにしました。提携の最終的な条件は、今後数週間以内に確定する予定です。

サノフィについて
サノフィは、健康上の課題に立ち向かう人々を支えます。私たちは、人々の健康にフォーカスしたグローバルなバイオ医薬品企業として、ワクチンで人々を守り、革新的な医薬品で痛みや苦しみを和らげます。希少疾患をもつ少数の人々から、慢性疾患をもつ何百万もの人々まで、寄り添い支え続けます。サノフィでは、100カ国において10万人以上の社員が、革新的な医科学研究に基づいたヘルスケア・ソリューションの創出に、世界中で取り組んでいます。 サノフィは、「Empowering Life」のスローガンの下、ヘルスジャーニー・パートナーとして人々を支えます。日本法人であるサノフィ株式会社の詳細は、http://www.sanofi.co.jpをご参照ください。

GSKについて
GSKは、より多くの人々に「生きる喜びを、もっと」を届けることを存在意義とする科学に根差したグローバルヘルスケアカンパニーです。詳細情報についてはhttps://jp.gsk.com/をご覧ください。