グラクソ・スミスクライン株式会社 尋常性ざ瘡(にきび)治療剤 クリンダマイシン-過酸化ベンゾイル配合ゲルを承認申請

グラクソ・スミスクライン株式会社(社長:フィリップ・フォシェ、本社:東京都渋谷区、以下GSK)は、3月24日付で、クリンダマイシン(CLDM)1%-過酸化ベンゾイル(BPO)3%配合ゲルについて尋常性ざ瘡治療剤の効能効果で承認申請を行いました。

CLDM-BPO配合ゲルは、1990年代に尋常性ざ瘡の外用治療薬として、Stiefel社(現 GlaxoSmithKline社のグループ会社)がCLDM1%-BPO5%配合ゲルを開発し、その後BPO含有濃度がより少ないCLDM1%-BPO3%配合ゲルを含めて、現在までに70以上の国又は地域で承認されています。BPOは、殺菌活性と角質剥離作用を有すると考えられる酸化剤で、海外で長年にわたり使用されている尋常性ざ瘡治療薬です。GlaxoSmithKline社は2009年にStiefel社を買収後、世界的に皮膚科領域の開発パイプラインの強化に努めてまいりました。CLDM1%-BPO3%配合ゲルの申請はこれらのパイプラインの中で本邦における初めての申請となります。

尋常性ざ瘡は、俗に“にきび”と呼ばれており、「脂質代謝異常(内分泌的因子)」、「角化異常(過角化)」、「細菌の増殖」が複雑に関与した炎症性疾患として、思春期以降に顔面や胸背部を中心に種々の皮疹が生じる疾患です。国内では、思春期を終えるまでに尋常性ざ瘡に罹患する割合は9割を超えると推測されています1。尋常性ざ瘡は、顔面など特に目立ちやすい部位に発症することから、羞恥心を感じるなど感情面への悪影響による生活の質(QOL)の低下が懸念される一方、「にきびは青春のシンボルであり、病気ではない。」という意識が一般には根強く残っているため、治療の開始が遅れてしまうのが現状です。

GSKの社長 フィリップ・フォシェはこの度の申請について次のように述べています。
「GSKでは長年にわたり皮膚疾患領域の研究開発に注力を続けており、この度新たな皮膚疾患治療剤として世界の多くの国で長年標準治療剤とされてきたクリンダマイシン-過酸化ベンゾイル配合ゲルを国内では初めての配合外用剤として申請できたことを喜ばしく思います。尋常性ざ瘡は疾患としての認知が未だ低く、治療薬も多いとは言えません。GSKは今後、疾患啓発をはじめとする様々な活動を通じて、日本の尋常性ざ瘡患者さんが、より健やかな生活を送れるよう努めてまいる所存です。」

 

生きる喜びを、もっと Do more, feel better, live longer
グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。


<References>
1. 林 伸和, 川島 眞、渡辺 晋一ら. 本邦における尋常性痤瘡のアンケートによる疫学的調査成績. 日皮会誌. 2001;111:1347-55.