Skip to Content Skip to Search

2022年度GSK医学教育事業助成

募集期間:2022年5月16日(月)~2022年7月22日(金)

GSKは、日本の医療の質と知識の向上を支援するために、公募により医学関係学会/医会が独自に企画する教育事業に対して助成を行います。

  • グラクソ・スミスクライン株式会社(以下GSK)では2016年度から公募による医学教育事業を開始しました。本年度で7回目の公募による医学教育事業助成となります。
  • 助成事業は競争的に審査され、決定されます。審査の結果、助成されないことがあります。
  • 昨今の製薬業界における規制強化、利益相反や取引誘因などに関する様々な事案を受け、助成・寄附は他の企業活動以上に厳密に取り扱われることが求められています。このことから、GSK医学教育事業助成におきましても、より適切に運用することを目的に募集要項を昨年から変更しております。必ず募集要項および各書類をご確認ください。
  • 申請をご検討の際は、お手数ですがGSK医学教育事業助成事務局にご連絡ください。申請資料および留意事項について、ご案内いたします。

なお、申請書に記載されている内容のみで審査されます。内容は具体的かつ詳細に記載ください。
募集要項が改訂された場合、最新版はホームページで公開します。
改訂内容は、募集要項の「作成・改訂履歴」をご確認ください。

2022年度募集要項PDF - 821KB

GSK医学教育事業助成事務局
 グラクソ・スミスクライン株式会社 GSK医学教育事業助成事務局
 メールアドレス:jp.gsk-ime@gsk.com

募集要項履歴
2022年5月16日 第1版を公開しました。

 

過去の助成学会/医会(30)

日本アレルギー学会、日本音声言語医学会、日本肝臓学会、日本呼吸器学会、
日本呼吸器内視鏡学会、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会、
日本耳鼻咽喉科学会、日本小児アレルギー学会、日本小児科学会、
日本小児循環器学会、日本小児リウマチ学会、日本褥瘡学会、日本神経学会、
日本頭痛学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、日本喘息学会、
日本てんかん学会、日本肺高血圧・肺循環学会、日本排尿機能学会、
日本鼻科学会、日本泌尿器科学会、日本泌尿器内視鏡学会、
日本皮膚科学会、日本臨床腫瘍学会、日本プライマリ・ケア連合学会、
日本リウマチ学会、日本リハビリテーション医学会、日本臨床神経生理学会、
日本臨床精神神経薬理学会、日本臨床皮膚科医会

 

過去の募集要項

2021年度GSK医学教育事業助成 募集要項・留意事項PDF - 306KB

2020年度GSK医学教育事業助成 募集要項・留意事項PDF - 359KB

2019年度GSK医学教育事業助成 募集要項・留意事項PDF - 264KB

2018年度GSK医学教育事業助成 募集要項・留意事項PDF - 337KB

2017年度GSK医学教育事業助成 応募要項・留意事項【A】PDF - 316KB2017年度GSK医学教育事業助成 応募要項・留意事項【B】PDF - 320KB

2016年度GSK医学教育事業助成応募要項・留意事項PDF - 248KB

NP-JP-NA-WCNT-220022
作成年月日:2022年5月