Skip to Content Skip to Search

持続性選択H1受容体拮抗・アレルギー性疾患治療剤「ザイザル錠5mg」のOD錠(口腔内崩壊錠)「ザイザルOD錠2.5mg」、「ザイザルOD錠5mg」剤形追加の製造販売承認取得

グラクソ・スミスクライン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ポール・リレット、以下GSK)は本日、持続性選択H1受容体拮抗・アレルギー性疾患治療剤「ザイザル錠5mg」(一般名:レボセチリジン塩酸塩)の剤形追加として承認申請していた口腔内崩壊錠「ザイザルOD錠2.5mg」、「ザイザルOD錠5mg」について、製造販売承認を取得したことをお知らせいたします。なお、効能・効果に変更はなく、成人では、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症、小児では、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴うそう痒です。

OD錠は、口腔内で速やかに崩壊し、唾液のみ(水なし)でも服用可能であることから、特に高齢の患者さんや水分摂取に制限のある患者さんの服用性および利便性の向上が期待されます。

「ザイザル」は、ベルギーのUCB Biopharma SRL(本社:ベルギー ブリュッセル)が開発し、2001年にドイツで承認を取得して以来、アメリカ、EU諸国を含む世界60カ国以上で承認されているアレルギー性疾患治療薬です。GSKは本剤の日本国内における開発・販売権を有しています。日本国内では2010年10月にアレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、痒疹および皮膚そう痒症の治療薬として「ザイザル錠5mg」の承認を取得し、同年12月に発売しました。また、2014年4月に「同シロップ0.05%」(200mL)を発売しています。なおザイザルOD錠は、UCB Biopharma SRLの協力のもと、GSKと全星薬品工業株式会社とで共同開発されました。
*2018年11月時点

GSKは、より多くの人々に「生きる喜びを、もっと」を届けることを存在意義とする科学に根差したグローバルヘルスケアカンパニーです。詳細情報は https://jp.gsk.com/ を参照ください。