グラクソ・スミスクライン株式会社 2019年度GSK医学教育事業助成の対象学会を発表

PDFダウンロード(135KB)

グラクソ・スミスクライン株式会社(代表取締役社長:ポール・リレット、本社:東京都港区、以下GSK)は、本日、2016年より開設した「GSK医学教育事業助成」について、2019年度に採択された対象学会について、ウェブサイトを通じて発表いたしました。

「GSK医学教育事業助成」は、日本の医療の質と知識の向上を支援することを目的としており、一定規模の正会員を有する医学関係学会および医会を対象に、特定の疾患領域において独自に企画する医療関係者の知識および能力向上を目的とした教育事業を支援するものです。2016年から2018年までに助成された医学教育事業は既に実施され、その成果が集積されています。

本年度は2019年4月1日から6月28日を募集期間として公募を行い、独立した外部有識者で構成される審査委員会で公正に審議した結果、6学会を採択しました。

採択された学会に関する情報は以下のURLからご覧いただけます。
https://jp.gsk.com/jp/research/ime-grant-2019/

GSK 代表取締役社長、ポール・リレットは次のように述べています。
「弊社は、これまでGSK医学教育事業助成を通じて、日本の医療の質と知識の向上の支援に努めてまいりました。この取り組みを通じ、患者さんとそのご家族に貢献できるよう、今後も日本の医療のさらなる発展のための積極的なサポートを続けてまいります。」

 

GSKは、より多くの人々に「生きる喜びを、もっと」を届けることを存在意義とする科学に根差したグローバルヘルスケアカンパニーです。詳細情報はhttps://jp.gsk.com/を参照ください。