グラクソ・スミスクライン 2016年第2四半期業績発表

PDFダウンロード

戦略に対して前進、堅調な業績を達成

グラクソ・スミスクラインplc(GSK)は7月27日(ロンドン現地時間)、2016年第2四半期の業績を発表しました。概要は以下の通りです。

コア・ビジネスの業績結果*
  Q2 2016  成長率  H1 2016  成長率
  £m CER% £%  £m CER%   £%
売上 6,532 4 11  12,761  6  11
コア・ビジネスの営業利益 1,831 15 36  3,390  14  28
コア・ビジネスの一株当り利益 24.5p 16 42  44.3p  12  28

 

業績結果
  Q2 2016  成長率  H1 2016  成長率
  £m CER% £%  £m  CER%  £%
売上 6,532 4 11  12,761  6  11
営業利益 (151) >(100) >(100)  572  (98)  (94)
一株当り利益 (9.0)p >(100) >(100)  (3.2)p  >(100)  >(100)


単位:£mは百万英ポンド、pは英ペンスを表す

CERベース:グループの業績は、CERベース(恒常為替レート:業績をポンド換算する為替レートが前年同期と同じと仮定した場合の伸び率を表わす)で表示されます。業績の解説は特別に明示されていない限り、CERベースにより示されています。

*コア・ビジネスの業績報告:コア・ビジネスの業績は、以下を除きます-無形資産(ソフトウェアを除く)および営業権の償却・減損、重要な買収に伴うコストを含む主要リストラクチャリング・コスト、訴訟案件および政府調査の和解に関する訴訟関連費用(保険金の払い戻しを差し引いた額)、ロイヤリティー収入を除くその他の営業利益、関連会社・製品・事業の売却、および主要な買収に対する税効果会計の適用を含む取引に関する会計の調整。 これらを除いているのは、影響度合いと金額のぶれ幅が大きくなりえることや、報告方法の統一性を保ち、他社との比較を容易にするためです。
コア・ビジネスの業績報告は、業績結果、キャッシュフロー創出や他の指標と共に社内業績報告の一つの基準として用いています。GSKは、コア・ビジネスの業績報告はグループの事業業績をより忠実に表し、業績をけん引する主なトレンドや要因を株主が把握しやすくなると考えています。また、コア・ビジネスの上記の定義は、多くの競合他社でも採用しており、GSKグループの業績もこれに合わせた形になります。

 

2016年第2四半期業績概要

  • グループ全体の売上は、CERベースで4%増の65億ポンド、3事業全てが成長を達成。
    • 医療用医薬品は2%増の39億ポンド、ワクチンは11%増の9億6000万ポンド、コンシューマーヘルスケアは7%増の17億ポンド。
  • 新製品の売上は10億5000万ポンド(2015年第2四半期は4億4600万ポンド、2016年第1四半期は8億2100万ポンド)で、HIV(「テビケイ」、「トリーメク」)、呼吸器(「レルベア」、「アノーロ」、「エンクラッセ」、「ヌーカラ」)および髄膜炎ワクチン( Bexsero、 Menveo )がけん引。
    • 新製品の売上は、医療用医薬品の総売上の23%を占める(2015年第2四半期は11%)。
    • 呼吸器の新製品の売上増が、「アドエア」の売上減を相殺。
  • 新製品の売上、取引および再編によるベネフィットにより、3事業全てにわたり営業レバレッジと営業利益率が向上。
    • 2016年第2四半期は、3億ポンドのコスト削減。2017年の年末までに年間で30億ポンドを削減する計画に対して23億ポンドを達成。
    • 2016年第2四半期のコア・ビジネスの営業利益率は、医療用医薬品で35%、ワクチンで28%、コンシューマーヘルスケアで14%。
  • 2016年第2四半期のコア・ビジネスの一株当たり利益は24.5ペンス、CERベースで16%増。
  • 2016年第2四半期の一株当たり損失は、コンシューマーヘルスケアおよびHIV事業に関わる債務のポンド通貨の影響による評価替えを反映。
    • 株式の過半数を所有しているコンシューマーヘルスケアおよびHIV事業のポンドでの売上およびキャッシュフローの予測額が増加。
    • 従って、少数株主持ち分に起因するポンドでの債務予測額も増加した結果、2016年の第2四半期に18億ポンドの費用を計上。
  • 2016年のコア・ビジネスの一株当たり利益の成長率はCERベースで11-12%の見込み。
    • 為替相場が第2四半期末のレベルを維持した場合、2016年のコア・ビジネスの一株当たり利益(ポンド)への影響は19%増の見込み。
  • 2016年第2四半期の営業活動からのネットキャッシュインフローは12億ポンド(2015年第2四半期:2億ポンド)。
  • 2016年第2四半期の配当は19ペンス。2016年および2017年の年間配当は引き続き80ペンスの見込み。
  • R&Dパイプラインの開発が引き続き主要疾患領域で前進。
    • EUでStrimvelisがADA-SCIDに対する初の遺伝子治療として承認取得。
    • 2016年下半期に4つの主要な承認申請を予定: 3剤配合吸入剤(COPD)、Shingrix(帯状疱疹ワクチン)、Benlysta皮下注用製剤(全身性エリテマトーデス)、sirukumab(関節リウマチ)。
    • 重症喘息に対する新規抗IL33Rモノクローナル抗体をヤンセン社より導入。
    • オンコロジー領域では、ファーストインクラスのICOSアゴニスト抗体が臨床開発段階に前進。

生きる喜びを、もっと Do more, feel better, live longer

グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。