グラクソ・スミスクライン株式会社 代表取締役社長 フィリップ・フォシェ 英国より名誉大英勲章OBEを受勲

PDFダウンロード

グラクソ・スミスクライン株式会社(社長:フィリップ・フォシェ、本社:東京都渋谷区、以下GSK)は、同社代表取締役社長 フィリップ・フォシェの、ラ イフサイエンスを中心とする英国と日本の関係における功績が認められ、このたび英国エリザベス二世女王陛下より、名誉大英勲章OBE(Honorary Officer of the Most Excellent Order of the British Empire)を受勲したことをお知らせします。6月3日に東京の英国大使館で開催された叙勲伝達式において、ティム ヒッチンズ駐日英国大使より授与さ れました。

大英勲章は、英国の民主主義の騎士道の等級を模しており、英国のために活動し、社会全般において優れた功績を収めた個人を認め表彰するもので、特に、際 立った成果を残した者、または奉仕活動に尽力した人々に授けられる権威ある勲章です。大英勲章は1917年にイギリス国王ジョージ5世が創設したもので、 英国籍の受勲者が大半を占める一方、少数ではありますが、英国の社会に顕著な功績をもたらした外国人に対しても授与されるものです。外国人が受賞した場合 には名誉大英勲章とされます。

フランス出身でありGSKの代表取締役社長のフィリップ・フォシェは、以下のように述べています。
「名誉大英勲章の受章をとても光栄に思うとともに誇りに感じています。英国の企業であるGSKは革新性を追求したライフサイエンス関連の企業であり、人々 が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。日本での英国に対するライフサイエンスへの 貢献が私の活動を通してこのような名誉ある機会に認められたことを何より嬉しく思います。この場をお借りして、科学の発展や英国と日本の交流のために私を サポートしてくださった全ての人々に感謝の意を表したいと思います。そしてこれまで以上に固い決意でこの使命を果たしていく所存です。」

フィリップ・フォシェは日本製薬工業協会の常任理事を務めると共に、欧州製薬団体連合会の副会長を務めています。また、今期の英国商工会議所の理事会のメンバーに選出されました。


生きる喜びを、もっと Do more, feel better, live longer
グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。