総額100万ドルのヘルスケア・イノベーション・アワード アフリカの4つの取り組みが受賞 5歳未満の子どもの死亡率を低下させると認められたイノベーションに対し、 南アフリカ、ザンビア、ケニア、ウガンダの団体が、 GSKとセーブ・ザ・チルドレンから高い評価を受ける

PDFダウンロード

この資料は、英国グラクソ・スミスクラインplcとセーブ・ザ・チルドレンが2015年1月29日に発表したプレスリリースの日本語抄訳であり、報道関係 者各位の利便性のために提供するものです。この資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語が優先します。詳細はhttp://www.gsk.comおよびhttp://www.savethechildren.org.ukをご参照下さい。

グラクソ・スミスクライン株式会社
公益社団法人 セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

2015年1月29日 英国ロンドン発

年に1度実施されるグラクソ・スミスクラインplc (本社:英国、以下GSK)と国際子ども支援NGOのセーブ・ザ・チルドレンによる100万ドルのヘルスケア・イノベーション・アワードにおいて、2つの 革新的な取り組みが最高賞を受賞しました。それは、母乳バンク(HMB)のスタッフが、寄付された母乳を低温殺菌する際に役立つシンプルな携帯アプリと、 5歳未満の子どもの下痢を治療する救命キットでした。受賞者であるクワズール・ナタール大学(UKZN)とColaLife Zambiaは、新生児と乳幼児の死亡率の低下を促す革新的アプローチに対し、それぞれ37万ドルを授与されました。

「FoneAstra」母乳低温殺菌ツールキットは、もともと、クワズール・ナタール大学が医療NGO団体のPATHおよびワシントン大学と共同開発した もので、携帯アプリを使用して低温殺菌の手順を段階的に指導するものです。このアプリにより、寄付された母乳の記録・追跡が容易になり、よりよい品質管 理・品質保証が可能になります。同アプリは電気のない環境で使用する場合にも対応できます。未熟児または低出生体重児の最大25%は、往々にして母親の病 気や母乳の出が悪いという理由から十分な母乳を摂取できていないため、下痢や肺炎、新生児敗血症など命を脅かす疾患にかかりやすくなっています。

現在、FoneAstraシステムは南アフリカの地方病院の4つの母乳バンクで使用されていますが、クワズール・ナタール大学の小児科チームは保健省と協 力してこのシステムの使用をクワズール・ナタール州のさらに5カ所の地方病院へ拡大する予定です。同チームは、全国に母乳バンクのネットワークを設立し、 それを母乳育児の促進と地方病院のレベルを超えたサポートの拠点として機能させ、コミュニティの新生児と弱い立場に置かれた乳幼児のニーズを満たすことを 目指しています。

クワズール・ナタール大学小児科のAnna Coutsoudis教授は次のように述べています。「南アフリカにおいて母乳育児は、乳幼児死亡率を低下させるための主要戦略の1つとなっています。寄 付された母乳は、母親から必要な栄養を摂取できない未熟児にとって命綱です。FoneAstraシステムによって、寄付された母乳を安全に提供すること や、包括的な母乳育児促進キャンペーンの一環として貧困地域で小規模な母乳バンクを設立することも、一層容易になります。」

もう一方の最高賞受賞者であるColaLife Zambiaは、ソフトドリンクの輸送に使用される既存の供給・流通ネットワークを利用して、辺境の地の家庭に手頃な価格の下痢治療を提供する革新的な 「Kit Yamoyo(Kit of Life)」が評価されました。下痢は、世界全体の5歳未満の子どもの最大の死因の1つです。下痢は経口補水塩(ORS)と亜鉛で容易に治療できますが、 サハラ以南のアフリカでこのような治療を受けている子どもは1パーセント未満です。ColaLifeによると、ザンビアでは、多くの親たちが下痢の正しい 治療法を知らないことや、適切な治療の選択肢がないことが分かりました。

ColaLifeは母親たちの協力のもと、現地の状況に合わせた低コストの治療キットを設計しました。各キットには200mlのORS液が作れる小袋入り のORS、亜鉛の錠剤10錠、石けんがすべて1つのパッケージに入っています。このパッケージは、水を正確に計量するのに使用できるほか、ORSの混合・ 保管容器にもなり、ORSを飲ませる際のカップにもなります。キットの宣伝普及活動は地方の医療センターを通じて地域ヘルスワーカーが行い、研修を受けた 村の小売業者が販売を行います。小売業者は最寄りの地区の街まで出向き、コカ・コーラや料理用油、塩、砂糖など日用消費財を購入するのと同じようにキット を購入します。ザンビアでの12カ月間の治験終了時、下痢だった子どものうち45%が適切な治療を受けていました。Lives Saved Tool(LiST)の推算によると、330キットが売れるたびに1人の命が救われるそうです。これまでのところ、5万キットが販売されています。

ColaLife創立者であり、Kit Yamoyo治験のプロジェクトマネジャーであるSimon Berryは次のように述べています。「下痢の治療キットを辺境の村の売店にあるコカ・コーラのように“どこにでもあるもの”にしたいと思いました。です から私たちは、この目標を達成するため、すでにある民間企業の流通ネットワークを使用しています。この取り組みのポイントは、バリューチェーンの全員、つ まり製造業者、流通業者、卸売業者、小売業者の誰もが利益を得られるということです。そうすることで、完全に持続可能な供給ネットワークができると同時 に、親たちは子どもに必要な薬を自宅に近い場所で、しかも手頃な価格で入手できるわけです。」

GSKのアフリカ・途上国部門バイスプレジデントであるRamil Burdenは次のように述べています。「ヘルスケアにおけるイノベーションは、GSKとセーブ・ザ・チルドレンの提携の中心をなすものです。こうした優 れた取り組みは、ほとんどの場合、少しの変更と低コストの技術によってコミュニティに大きく貢献しています。私たちが評価したいのはそのような取り組みな のです。このアワードによってコミュニティでこれらのプロジェクトが再現され、その規模が拡大され、より多くの幼い命が確実に救われるのです。」

セーブ・ザ・チルドレンのプログラム・ポリシー・クオリティー・ディレクターであるMavis Owusu-Gyamfiは次のように述べています。「複雑な問題に対するもっとも良い解決策が、その問題に影響を受けている人々やその問題に一番近いと ころにいる人々によって見出されることはよくあることです。残念ながら、そうした解決策の多くはあまり大きな規模で実施することができません。ですから、 ヘルスケア・イノベーション・アワードにおいて子どもの命を救うために実施されたヘルスケアの先駆的な解決策が評価されたことは、じつに素晴らしいことで す。このアワードによる評価と資金援助によって、受賞した取り組みは再現可能になり、世界でもっとも弱い立場に置かれた子どもたちにより大きな影響を与え ることができるようになります。」

ColaLife Zambiaと、クワズール・ナタール大学のFoneAstraツールキットは、途上国からの100を超える応募のなかから選ばれたアフリカの4つの取り 組みのうちの2つでした。選考は、公衆衛生や開発分野の専門家で構成される委員会により行われました。

100万ドルのうちの一部の資金を受賞した、他の2つの団体は以下の通りです。

  • ナイロビ大学(ケニア)– バーコードつきのワクチン接種/母子健康カードを使用した、子どもの死亡率を低下させるための取り組みに対し、12万ドルを授与。このカードでワクチン接 種の記録ができ、母親たちは農業用物品を割引価格で買えるようにもなります。現在、ケニアにおける5歳未満の子どもの死亡率は1,000人の生児出生あた り71人で、子どものワクチン接種はこれらの子どもの死亡率を低下させるための重要な手段の1つとされています[1]。ワクチン接種カードは、新生児を登 録するたび、また、子どもや母親がワクチンを接種するたびに自動的に更新されます。接種を受けると、母親はこのカードによって、大学の提携エージェンシー が経営する農業用物品販売店で種や肥料などの製品を割引価格で買うことができます。
  • Living Goods(ウガンダ)– 命を救う医療サービスを個別訪問で直接提供することにより辺境の地の子どもの死亡率を低下させるという革新的アプローチを拡大させるための支援として、 12万ドルを授与。コミュニティ・ヘルス・プロモーターと呼ばれる、スキルを持った小規模起業家が、ウガンダの保健当局と密に連携しながら、フランチャイ ズ加盟者として業務を行っています。ヘルス・プロモーターは、各家庭を戸別訪問して健康の改善方法を指導し、患者の診断や治療も行います。また、蚊帳、駆 虫薬、マラリアや下痢の治療薬、栄養強化食品、浄水フィルターなどの健康関連製品の販売もしています。

ヘルスケア・イノベーション・アワードはGSKとセーブ・ザ・チルドレンの壮大な提携の一部として実施される主要イニシアチブであり、世界でもっとも弱い 立場に置かれた子どもたち100万人の命を救うための、企業・チャリティ団体の取り組みの新しいモデルを見出すことを目的としています。

<参考>

ヘルスケア・イノベーション・アワードについて

GSKとセーブ・ザ・チルドレンは2013年、途上国での子どもの死亡を減少させることに成功すると認められた革新的な取り組みを特定し、表彰するため、 100万ドルのヘルスケア・イノベーション・アワードを立ち上げました。難題への最善の解決策というものは、その難題をもっとも身近に感じて生活や仕事を している人によって見出されることが多いことから、世界中の途上国の団体に、自分たちが発見または実行した革新的なヘルスケアアプローチの取組事例をこの アワードに推薦していただきました。推薦するための条件は、5歳未満の子どもの生存率を具体的に改善したという結果が出ていること、持続可能なものである こと、再現性があることです。アワードは年に1回、少なくとも2017年まで続行する予定です。

GSKとセーブ・ザ・チルドレンの提携について

GSKとセーブ・ザ・チルドレンは、それぞれが持つ専門知識、リソース、影響力を融合して、ともに100万人の子どもの命を救うべく、長期にわたる壮大な 戦略的グローバルパートナーシップを結びました。この新たな提携関係は壮大かつ革新的なものであり、従来のチャリティ団体・企業間の資金調達モデル以上の 意味をもつものです。この提携には、GSKの事業の多くの領域が関与することになりますが、特に子どもたちの命を救ううえではGSKの研究開発力が生かさ れるでしょう。この提携関係を通じ、GSKとセーブ・ザ・チルドレンは以下のことに焦点を当てて取り組んでいきます。

  • 小児死亡率と新生児死亡者数を減少させるための子ども向け医薬品の開発
  • 手を差し伸べることが最も難しいコミュニティの小児死亡者数を減少させるためのワクチン接種率の拡大
  • 子どもの栄養不良改善を目的とした、子どものニーズに対応した新しい手ごろな価格の栄養食品の研究
  • 最貧コミュニティの医療従事者の教育に対する投資を増やし、医療従事者を広範囲に普及できるようにして小児死亡率を低下させる

グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。詳細は、www.gsk.comをご覧ください。

セーブ・ザ・チルドレンは、世界120カ国以上の国々で子どもたちの命を守り、権利を実現させ、能力を最大限に発揮させるために活動しています。詳細は、www.savethechildren.org.ukをご覧ください。

 

References
1. World Bank - http://data.worldbank.org/indicator/SH.DYN.MORT