グラクソ・スミスクライン 2014年Access to Medicines Indexで1位を獲得

この資料は、英国グラクソ・スミスクラインplcが2014年11月17日に発表したプレスリリースの日本語抄訳であり、報道関係者各位の利便性のために提供するものです。この資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語が優先します。 詳細はhttp://www.gsk.comをご参照下さい。 

2014年11月17日 英国ロンドン発

グラクソ・スミスクラインplc(本社:英国 以下GSK)は、2014年11月17日に発行されたAccess to Medicines Index 2014で、同社が4回連続で1位を獲得したことを発表しました。同Indexは、途上国での医薬品および医療へのアクセス向上のための取り組みに関し、製薬会社上位20社の実績の評価を独立して行うものです。 

同Indexは、「医薬品の寄付」や「特許とライセンス」を含む7つの分野で、医薬品へのアクセス向上のための取り組みについて個々の製薬会社の順位付けを行っています。

GSKのアンドリュー・ウィティーCEOは、2014年の Indexについて次のように述べています。
「私たちが人々からまさに求められていることは、医薬品やワクチンの発見、開発、そして当社の製品を必要としている世界中の人々がそれらにアクセスできるような価格設定に全力を尽くすことです。同Indexは、業界の進捗を測る重要なバロメーターです。同 IndexでのGSKの順位は、当社の継続的な取り組みや、小児用医薬品の開発に国際子ども支援NGOセーブ・ザ・チルドレンと共に取り組んでいる研究者やエボラ出血熱のワクチン研究に連携して取り組んでいる研究者を始めとする全社員の努力と熱意を高く評価したものです。」

「私たちは、多くのことに取り組んでいる一方、まだできることは沢山あります。今年のIndexはこれまで以上に厳しいものでした。イノベーションをどのように推進し、当社の製品へのアクセスをどのように可能にするかをさらに真剣に考える機会となりました。私たちはこれに果敢に挑戦し、今後も推し進めていく覚悟があります。今後もより多くの人々に当社の医薬品やワクチンを届けられるよう、引き続き全力を尽くしていくと共に、迅速な対応を図っていく所存です。」

前回の2012年のIndexからGSKは、アクセスの向上に以下を含む措置を講じてきました。

  • セーブ・ザ・チルドレンと5年間にわたる画期的な提携を結び、両組織の資源と専門知識を共有することで100万人の子どもの命を救うことを目指します。その取り組みには、小児用医薬品の開発、医療従事者の研修、より広い医薬品アクセスを実現するための協働などが含まれます。
  • マラリアワクチン候補品のRTS,Sを薬事申請しました。これにより、アフリカの子どもをマラリアから守ることができる可能性を持つ世界初のワクチンの提供に一歩近づきました。
  • アフリカにおける非感染性疾患の性質について理解を深めるために、アフリカにオープンラボを新設し、予防と治療法に関する情報提供に貢献していきます。
  • 医療関係者に対する製品の販売方法を進化させ、患者さんの利益に一層かなった活動を展開していきます。これには、営業社員の報酬体系を医薬品処方量から切り離すことが含まれます。
  • ViiV Healthcareを通じてUNIT AID(ユニットエイド)が支持するMedicines Patent Poolと連携して、HIVと共に生きる人々のために医薬品へのアクセス向上を目指します。


これらの取り組みは、過去7年間にわたり、当社のビジネスモデルを根本的に変えてきたことが基盤となっています。当社の医薬品およびワクチンをできる限り入手可能にし、利用しやすい価格に設定する一方で、ビジネスを継続させ今後の研究に投資するためにリターンも見出せるよう取り組んできました。また、途上国特有の疾患へのさらなる共同研究やコミュニティによる地域医療インフラの強化を支援し、政府、非政府組織そして他の民間企業と連携していくことにも注力してきました。

Access to Medicines Indexは、2004年に設立され医薬品へのアクセス向上に取り組む、国際的な非営利組織である Access to Medicines Foundationの主要な取り組みです。このIndexは、製薬会社20社の戦略的取り組みから技術分野に至るまでの総合的な評価を行い、順位を付けているものです。

2014年の同Indexは、「医薬品の寄付と慈善活動」、「供給能力の向上」、「特許とライセンス」、「価格設定」、「生産と供給」、「研究開発」、「公共政策および市場への影響」、および「医薬品へのアクセス全体の管理」の7つのカテゴリーにわたり、個々の製薬会社の順位付けを行っています。

このIndexは、2008年に第1回目が発行されてから2010年、2012年、2014年に発行されており、業界におけるコミットメント、透明性、実績およびイノベーション面での傾向の分析も行っています。

 

生きる喜びを、もっと Do more, feel better, live longer
グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。