抗ウイルス化学療法剤「バルトレックス®」の新規適応症及び 小児用法・用量の追加を申請

グラクソ・スミスクライン株式会社(社長:フィリップ・フォシェ、本社:東京都渋谷区)は2013年11月8日、当社の抗ウイルス化学療法剤「バルトレックス®錠500」「バルトレックス®顆粒50%」について

を申請したことをお知らせいたします。本申請における小児への適応は「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」において医療上の必要性が高いと判断され、当局から開発要請(医政研発1213第1号、薬食審査発1213第1号、平成22年12月13日)を受けたため、当社にて開発を進めて参りました。

GSKでは引き続き日本のヘルペスウイルス感染症治療への貢献に努めてまいります。

「バルトレックス®」経口剤について
本邦にて、既に承認を取得している「バルトレックス®」経口剤の適応は以下の通りです。

成人 -帯状疱疹(錠剤:2000年承認、顆粒剤2001年承認)
-単純疱疹(錠剤及び顆粒剤:2002年承認)
-性器ヘルペスの再発抑制(錠剤及び顆粒剤:2006年承認)
-水痘(錠剤及び顆粒剤:2007年承認)
小児

-水痘(錠剤及び顆粒剤:2007年承認)

 

 

生きる喜びを、もっと Do more, feel better, live longer
グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。