てんかん患者さんのための記録・服薬サポートアプリ「My Diary」の提供を開始 ~患者さんと医師のより良いコミュニケーションのために~

グラクソ・スミスクライン株式会社(社長:フィリップ・フォシェ、本社:東京都渋谷区、以下GSK)は、この度てんかんの患者さんのための記録・服薬サポートアプリ「My Diary」(マイ・ダイアリー)の提供を開始しました*
 *本アプリはiPhone版です。App storeより無料でダウンロードいただけます。

「My Diary」は、てんかん患者さんご自身やご家族が発作や体調および服薬状況について記録し、情報をできるだけ正確に効率よく医師に伝えることで、適切な診断・治療が受けられるよう、また自己管理ができるように工夫されたサポートアプリです。発作を記録する録画機能も搭載されています。

てんかんの発作は多様であり、発作ごとに有効な治療法が異なるため、発作タイプを正確に診断することが重要です。また、てんかんは発作がなくても服用している薬剤を自己判断で中止せず規則正しく服薬することが大切です。「My Diary」はこのようなてんかん患者さんの実情に着目し、サポートツールとしてご活用いただけるよう患者さんの視点に立って開発されたものです。

「My Diary」の監修者である国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター 院長 井上有史先生は次のように述べています。
「てんかんの診断と治療では、発作について詳しく記録し、医師に伝えることが大切です。患者さんの体験のみならず、目撃した人の情報、さらには発作の動画記録があると、診断や薬物の調整にとても役立ちます。また、発作や体調の記録をカレンダーに残すと、病気を患者さんが把握する大切な資料となります。さらに、今服用している薬の情報を入力しておくと、服薬の記録を作っていくことができます。この記録は災害時にも役立ちます。本アプリは、このように病気の記録を自分自身でつくる可能性を拡げてくれます。さらに、服薬を忘れないようにする、受診のメモをつくる、といった機能も持っています。病気を克服するツールとして、是非活用してください。」

 

「My Diary」(マイ・ダイアリー)の主な機能

  • 発作記録・体調・症状記録機能~主治医とのコミュニケーションのサポートに~
    発作が起きた場合、発作の状況を録画として記録できます。保存はアプリから作動するカメラで撮影した動画だけでなく、iPhoneに内蔵されているカメラや他人のiPhoneで撮影された動画も保存可能。あらかじめ発作型登録をすることで、発作の変化を把握できるしくみ。さらに発作記録や体調の状況が一目で確認できるため、主治医とのコミュニケーションにお役立ていただけます。

  • 服薬・通院管理およびゲーミフィケーション~楽しみながら服薬管理~
    薬の飲み忘れ防止、通院管理のためのアラーム機能、服用後の「服用チェック」機能があります。 また、服用チェックを続けていると、羊のキャラクターの着せ替えアイテムが貰えるため、楽しみながら服薬管理ができます。

  • 便利情報~いざというときの対応にも~
    災害対策に関する情報や公的サービスなど役立つ情報を掲載しています。特に、災害が発生した際の注意事項や災害に対する事前対策などアプリとして常に携帯しておくことでいざという時に頼りになるはずです。 

  • パスワード設定~個人情報を守ります~
    アプリケーションにパスワードをかけることができます。プライベートな情報なので、自分だけしか使えないように設定ができます。

  • 医師との共有機能~通院時に印刷して持参できます~
    発作記録一覧については、PDF形式もしくはCSV形式でEメール送信することができます。かかりつけ医に相談する際に印刷してご持参するなどにお役立てください。

==「My Diary」 コンテンツ概要画像 ==

(1)発作の記録
(2)毎日の体調記録
(3)一目でわかる服薬チェック
(4)お楽しみ、着せ替え機能

 

 

■アプリ基本情報
サービス名称 : 「My Diary」(マイ・ダイアリー)
対応機種 :  iPhone、iPod Touch(iOS 5.0以降)
利用料金 : 無料
カテゴリー : メディカル
提供会社 : グラクソ・スミスクライン株式会社
DLページ : AppStore


*本アプリは医師・薬剤師の服薬指導に代わるものではありません。

てんかんについて
てんかんとは、てんかん発作を繰り返す脳の病気の総称です。てんかん発作とは、脳の神経が過剰に興奮して、その刺激が体に伝わることにより、けいれん発作などの様々な症状が生じることをいいます。わが国におけるてんかんの有病率は約1%であり、約100万人が罹患しているといわれています。てんかんの発病は1歳未満で高く、多くは10歳までに発病しています。10 歳を超えると発病率は徐々に減少していきますが、50 歳代より増加に転じます。老齢期になると、脳血管障害や脳腫瘍などによっててんかんが発病しやすくなります。

 

 

生きる喜びを、もっとDo more, feel better, live longer
グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。