グラクソ・スミスクライン株式会社 「第16回企業電話応対コンテスト」 工業・公益部門最優秀賞を含む3部門で5つの賞を受賞

英国系製薬企業グラクソ・スミスクライン株式会社(社長:フィリップ・フォシェ、本社:東京都渋谷区、以下GSK)のコールセンター業務を担当するカスタマー・ケア・センターが、公益財団法人日本電信電話ユーザー協会主催「第16回企業電話応対コンテスト」工業・公益部門の1位から3位を独占するなど3つ部門において5つの賞を受賞しました。

 

カテゴリー 受賞内容
工業・公益部門 最優秀賞(第1位/58事業所)
工業・公益部門 優秀賞(第2位/58事業所)
工業・公益部門 優良賞(第3位/58事業所)
コールセンター部門 優秀賞(第2位/140事業所)
サービス部門(初参加) 優良賞(第3位/164事業所)

今回の受賞でGSKは、当コンテスト史上初めてとなる以下を達成しました。
◆4度目となる最優秀賞の受賞(2007年、2008年、2010年、2012年)
◆6年連続となる優秀賞以上の受賞(2007年から2012年)
◆コールセンター部門で5年連続の受賞(2008年から2012年)
◆単一年で同時に5つの受賞

 

「企業電話応対コンテスト」は毎年実施されており、日本電信電話ユーザー協会の専門スタッフが「仮のお客さま」となって予告なしに業種に関係なく企業のコールセンターやコンタクトセンター、お客さま相談室等の電話応対専門部門電話をかけます。その際の電話応対を録音し、5人の専門家が客観的に数値化し100点満点で評価する日本最大規模の電話応対コンテストです。

今年は470の事業所がそれぞれ4つの部門*1に参加して、GSKのカスタマー・ケア・センターは工業・公益部門の第1位となる最優秀賞をはじめ5つの賞を受賞したものです。

GSKでは去年の11月により細やかに顧客ニーズに対応するために沖縄県那覇市にもCCC沖縄サイトを開設しました。今回の工業・公益部門の優良賞とコールセンター部門の優秀賞は沖縄サイトが受賞したもので開設1年での成果となります。

 

カスタマー・ケア・センターの受賞歴
  受賞内容
2011年 工業・公益部門:優秀賞(2位/145事業所)
コールセンター部門:優良賞(3位/135事業所)
2010年 コールセンター等電話応対専門部門:最優秀賞(1位/157事業所)
2009年 コールセンター等電話応対専門部門:優秀賞(2位/139事業所)
2008年 工業・公益部門:最優秀賞(1位/387事業所)
コールセンター等電話応対専門部門:優秀賞(2位/118事業所)
コールセンター等電話応対専門部門:優良賞(3位/118事業所)
2007年 工業・公益部門:最優秀賞(1位/435事業所)

GSKの社長、フィリップ・フォシェは次のように述べています。
「カスタマー・ケア・センターは医療従事者および患者さんに対して迅速で、質の高い情報を提供することを目的に2001年1月に開設しました。工業・公益部門の第1位から3位を独占するなど同センターの電話応対スキルが高く評されたことは大変喜ばしいことです。このポジションを維持できるように今後も努力し、ステークホルダーや医療従事者、患者さんにベネフィットをもたらすことができるよう、より高いレベルを目指して研鑽を続けてまいります」

*1: 4つの部門【商業・金融部門】 流通、金融、通信販売等
【工業・公益部門】 製造、印刷、建築、エネルギー、マスコミ、医療、福祉、官公庁・各種団体等
【サービス部門】 飲食、運輸、情報・人材派遣、観光、レジャー等
【コールセンター等電話応対専門部門】 業種にかかわりなく、コールセンター、コンタクトセンター、お客さま相談室等の電話応対専門部門

 

 

生きる喜びを、もっと Do more, feel better, live longer
グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。