マラリアワクチン候補RTS,S  アフリカの乳幼児のマラリア発症を約3分の1低下  進行中のフェーズIII臨床試験の結果より

この資料は、英国グラクソ・スミスクラインplcが2012年11月9日に発表したプレスリリースの日本語抄訳であり、報道関係者各位の利便性のために提供するものです。この資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語が優先します。詳細はhttp://www.gsk.comをご参照下さい。

2012年11月9日英国ロンドン発

マラリアワクチン候補RTS,Sの主要な大規模フェーズIII臨床試験の結果が2012年11月9日にNew England Journal of Medicineのオンライン版に掲載されました。その結果によるとRTS,Sマラリアワクチン候補がアフリカの乳幼児においてマラリアの予防に役立つことが示されました。対照ワクチンと比較して、RTS,Sを接種した乳幼児(1回目の接種が生後6~12週)で臨床的に診断されたマラリアおよび重症マラリアの発症が3分の1減少しました。接種に対する有害事象の発現率は両群で同等でした。この試験において、RTS,Sは許容可能な安全性と認容性を示しました。

本試験はアフリカ7カ国の11の施設1で、グラクソ・スミスクライン(GSK)およびPATH Malaria Vaccine Initiative(MVI)の協力の下、ビル&メリンダ・ゲイツ財団からMVIに提供された助成金を用いて実施されています。

本臨床試験の統括治験医師でIfakara Health Institute(タンザニア)のDr Salim Abdullaは次のように述べています。
「ここ数年、我々はマラリアとの闘いで大きく前進しましたが、現在でも年間655,000人がマラリアで死亡しています。その多くはサハラ以南アフリカ諸国に住む5歳未満の子供たちです。我々のマラリア対策に、効果的なマラリアワクチンが加わることは喜ばしいことであり、我々はその目標達成に向けてこのRTS,S試験を行ってきました。本臨床試験はRTS,Sが乳幼児のマラリアの予防に役立つことを示しています。重要なことは、治験参加者に幅広く利用されていた蚊帳に加えて、RTS,Sがマラリア予防効果を発揮したことです。」

有効性
小児標準ワクチン2と一緒に接種した場合、生後6~12週(1回目の接種)の乳幼児における臨床および重症マラリアに対するRTS,Sのマラリア発症リスク低減の有効性は、3回目のワクチン接種後12カ月の追跡期間で各々31%および37%3でした4。治験参加者による殺虫剤塗布蚊帳の使用率は86%で、RTS,Sは既存のマラリア管理対策に勝る予防効果を発揮しました。昨年発表された臨床および重症マラリアに対する生後5~17カ月の乳幼児におけるRTS,Sのマラリア発症リスク低減の有効性は各々55%および47%でした。今回のフェーズIII臨床試験の追跡調査が継続される予定であり、解析のためのデータがさらに得られ、年齢層間における結果の違いについて原因を追及することができると思われます。

Dr Abdullahは次の通り付け加えています。
「有効性は生後5~17カ月の乳幼児における昨年の結果より低く、アフリカの臨床試験施設で働く私たち一部の研究者を驚かせました。これにより、さらに治験データを収集・解析し、マラリアに対する有効性に影響する要素を判断してこの悲惨な病気との闘いにおけるRTS,Sの可能性について追求したいという意欲が高まりました。また、本臨床試験においてRTS,Sを小児標準ワクチンと併せて乳幼児に投与でき、副作用がそれらのワクチンと同程度であることが判明したことを喜ばしく思っています。」 

安全性
RTS,Sマラリアワクチン候補を接種した乳幼児と対照ワクチンを接種した乳幼児の間で重篤な有害事象5(SAE)の総報告件数の増加はありませんでした。主な副作用は注射部位での局所反応ですが、DTP-HepB/Hibワクチンと比較してRTS,Sワクチンの接種後のほうが低い発現率でした。発熱の報告率はRTS,S接種後のほうが対照ワクチン群と比較して高くなりました(RTS,Sワクチン、対照ワクチン各接種後の30.6%対21.1%)。

昨年報告された9例に加え、生後6~12週の乳幼児で髄膜炎が新たに2例報告されました。うち1例がRTS,S接種群、もう1例が対照ワクチン接種群でした。その後の解析により、11例のうち7例で細菌性髄膜炎であることが判明しました。

GSKのアンドリュー・ウィティーCEOは次の通り述べています。
「有効性は昨年(生後5~17カ月を対象とした試験)より低くなりましたが、この結果はRTS,Sがアフリカの乳幼児にとって有意義なマラリア予防対策になることを裏付けるものだと考えています。マラリアは、アフリカの医療と経済成長に大きな負担を課しており、この結果が得られたことで、新たなマラリア対策への道のりが大きく前進しました。私たちは引き続きマラリア対策においてRTS,Sの役割が重要と確信しており、パートナーや他のステークホルダーと協力してデータを精査し、アフリカのマラリア流行地域に住む子どもたちの公衆衛生を向上するワクチンの最適な使用方法を明らかにする予定です。」

PATH Malaria Vaccine Initiativeのディレクター、David Kaslow氏は次の通り述べています。
「追加データの解析結果次第でアフリカにおけるRTS,Sの役割がわかるでしょう。私たちはその日に向けて重要な一歩を踏み出そうとしています。マラリアワクチン開発の成功にはさまざまな要素がかかわっています。最も重要な要素は、パートナーシップと確固としたエビデンスであり、マラリア流行国それぞれの異なる状況に合わせてマラリア対策の組合せを変えることが適切であると理解することです。本臨床試験に懸命に取り組んでいるGSKのチームとアフリカの研究センターを称えたいと思います。」

ビル&メルンダ・ゲイツ財団の共同設立者であるビル・ゲイツ氏は次の通り述べています。
「これは科学的に重要なマイルストーンであり、更なる研究が必要です。有効性は期待を下回りましたが、寄生虫に対するワクチンの開発は非常に難しいものです。本臨床試験を継続することで、このワクチン接種を実施するかどうか、ならびにその実施方法を判断できるデータがさらに得られると期待しています。」

本ワクチンは、GSKおよびMVIのパートナーシップの下、アフリカの著名な研究センターと共に開発されています1*。各協力機関は本試験の実施を監視するクリニカル・トライアル・パートナーシップ・コミッティーに属しています。RTS,Sの開発には広範囲に及ぶチームが取り組んでおり、これらにはアフリカ、欧州、北米の研究者が含まれています。臨床開発の主な資金はビル&メリンダ・ゲイツ財団からMVIに提供された助成金から拠出されています。 

未来を見据えてこのフェーズIII臨床試験の追跡調査から引き続きさらにデータを収集し、それを解析することで年齢群によって異なる結果について原因を追及する予定です。また、これらのデータやその解析により、マラリア感染の背景によって異なるRTS,Sの有効性に対する情報も得られるでしょう。3回目の接種後30カ月の追跡調査におけるRTS,Sの長期的な有効性に関する詳しいデータとブースター投与量の影響は2014年末に発表される予定です。 

データおよび解析結果により、規制当局への申請戦略が得られ、もし当局から必要な承認を獲得し、フェーズIII臨床試験の安全性・有効性データを含む必要な公衆衛生情報が十分であると判断された場合、世界保健機関(WHO)は、RTS,Sマラリアワクチン候補に関する勧告を早ければ2015年に示すことが可能としています。これが実現すれば、アフリカの各国における予防接種プログラムを通じた本ワクチンの大規模な導入への道が開かれることになります。蚊帳や抗マラリア薬などの他の方法と有効なワクチンの併用がマラリア対策の決定的な一歩になるでしょう。 

GSKとMVIは、本ワクチンが承認を取得しその使用が奨励された暁には、このワクチンを最も必要としている人々に提供できるよう取り組んでいきます。2010年1月にGSKは、RTS,S(商品名MosquirixTM)の価格は、製造コストと約5%の少額な利益から成るよう最終的に設定され、その利益は、次世代のマラリアワクチン、あるいは他の顧みられない熱帯病に対するワクチンの研究開発に再投資されることを発表しました。 

<参考>

RTS,Sについて
RTS,Sは、本マラリアワクチン候補6の科学的な名称で、本ワクチンの構成成分を表しています。RTS,Sは、熱帯熱マラリア原虫が初めて宿主であるヒトの血流に入る時に、また/あるいは原虫が肝細胞に感染する時に、免疫を活性化することで原虫からヒトを守ることを目的としています。本ワクチンは、マラリア原虫の肝臓への移行、そこでの成熟・増殖を妨げるように設計されています。マラリア原虫が再度血流に入ると、赤血球に感染し、マラリアが発症します。フェーズIII有効性試験では、RTS,Sを1カ月おきに3回接種しました。本臨床試験では、3回目の接種から18カ月後のブースター投与についても調査しています。

RTS,Sは、ニューヨーク大学のRuth Nussenzweig博士とVictor Nussenzweig博士が最初に特定したタンパク質を基にしており、1980年代後半にベルギーに本社を置くGSKワクチン社で開発・製造され、US Walter Reed Army Institute of Research(ウォルター・リード米陸軍研究所)との共同研究の一環として米国のボランティアに最初に接種されました。

2001年にPATH Malaria Vaccine Initiative (MVI)は、サハラ以南のアフリカ諸国の幼児における本ワクチンの予防効果を調べるためにGSKとパートナーシップを組みました。その後、このパートナーシップは、11のアフリカの研究センターを含むまで拡大し、時には欧米の関連した科学機関をも含むようになっていきました。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団からの2億ドル以上の助成金で、MVIはRTS,Sの開発に財務・科学・管理・現場の各方面で専門知識を提供しています。GSKは、臨床開発をリードしており、これまで3億ドル以上を投資してきました。さらに本プロジェクトの完了まで2億ドル以上を投資する予定です。

本臨床試験について
生後5~17カ月の乳幼児における最初の結果と、生後6週~17カ月の乳幼児で重症マラリアを発症した最初の250名に関する複合データが2011年11月に、New England Journal of Medicineで発表されました。フェーズIII臨床試験は当局とWHOと協議のうえデザインされ、安全性、倫理、臨床診療における最高の国際基準に則って、また独立したデータ・セーフティ・モニタリング・コミッティーの監督の下行われています。 

<GSKワクチン社について>
GSKワクチン社は、ワクチンの研究開発と製造に積極的に取り組んでいます。本社をベルギーに置き、全世界に14の生産拠点を戦略的に配置しています。2011 年に供給した11億回分のワクチンのうちの80%以上は、後発開発途上国や低所得・中所得国を含む途上国に供給されました。

 

生きる喜びを、もっとDo more, feel better, live longer
グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。


<PATH マラリアワクチンイニシアチブ(MVI)について>PATH マラリアワクチンイニシアチブ(MVI)は、PATHがビル&メリンダ・ゲイツ財団から提供された初期の助成金で設立したグローバルのプログラムです。MVIのミッションは、マラリアワクチンの開発を加速させ、それが途上国に確実に提供され人々がアクセスできるようにすることです。MVIのビジョンは、マラリアのない世界です。詳細は、www.malariavaccine.orgをご覧ください。

PATHはイノベーションを通して世界の保健事情を変革する国際非営利団体です。PATHは命を救うワクチンや医療機器からコミュニティとの提携プログラムまで、低コストで影響力の高い解決策の開発と導入に向けた起業家的アプローチを行っています。70カ国以上での活動を通して、PATHとそのパートナーは人々がその力を最大限発揮できるよう支援しています。詳細はwww.path.orgをご覧ください。

1 ブルキナファソ – Nanoro, Institut de Recherche en Science de la Santé (IRSS) / Centre Muraz
  ガボン – Lambaréné Albert Schweitzer Hospital, Medical Research Unit
  ガーナ – Agogo/Kumasi: School of Medical Sciences, Kwame Nkrumah University of Science and Technology; Kumasi Centre for Collaborative Research, Agogo Presbyterian Hospital
  ガーナ – Kintampo: Kintampo Health Research Centre, Ghana Health Service
  ケニア – Kilifi, KEMRI-Wellcome Trust Research Program
  ケニア – Kombewa (Kisumu), KEMRI-Walter Reed Project Kenya Medical Research Institute
  ケニア – Siaya (Kisumu), KEMRI-CDC Research and Public Health Collaboration
  マラウイ – Lilongwe, University of North Carolina Project at the Tidziwe Centre
  モザンビーク – Manhica, Centro de Investigação em Saúde de Manhiça
  タンザニア – Bagamoyo, Ifakara Health Institute
  タンザニア – Korogwe, National Institute for Medical Research, Tanzania, Kilimanjaro Christian Medical Centre
2 使用されている小児標準ワクチンはジフテリア・破傷風・全細胞性百日咳、B型肝炎、インフルエンザ菌b型ワクチン(DTPwHepB/Hib)と経口ポリオウイルスワクチン(OPV)の複合ワクチンです。
3 プロトコルに準拠した(ATP)統計方法に基づく。
4 対照群のマラリアの平均リスクは小児1人当たり年間0.9臨床エピソードで、2.3%の小児が重症マラリアを1回以上経験しました。
5 重篤な有害事象とは、臨床試験中に発生した事象で、臨床試験の対象となっているワクチンに起因するか否かに関わらず死に至るもの、生命を脅かすもの、治療のため入院が必要なもの、永続的または重大な障害・機能不能に陥るものを言います。全ての重篤な有害事象は当局に報告されます。
6 RTS,Sには、Agenus Inc社 (NASDAQ: AGEN)の100%子会社であるAntigenics Inc社からライセンスされたQS-21 Stimulon®アジュバントをはじめMPLおよびリポソームが含有されています。