公益信託グラクソ・スミスクライン国際奨学基金 第23期奨学生を募集

グラクソ・スミスクライン株式会社(社長:フィリップ・フォシェ、本社:東京都渋谷区、以下:GSK)では、公益信託グラクソ・スミスクライン国際奨学基金を設立しています。第23期奨学生を下記の通り募集しています。

対象者は日本国籍を有し、医学、薬学、化学、生化学およびこれらに関連する分野で勉学または研究を行うことを目的に、英国の大学院に留学する人、または既に留学している人です。常勤の職を持ち、収入を得ている人は対象外となります。募集は3人以内で、奨学金の支給は2012年秋から2年間です。

奨学生には、年額360万円、2年間の留学期間で合計720万円の奨学金が当基金から支給されます。

応募者は、応募願書と必要な提出書類を英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルに提出します(応募の締め切りは5月20日)。

募集要項ならびに応募願書はブリティッシュ・カウンシルのグラクソ・スミスクライン基金係
( http://www.britishcouncil.org/jp/japan-science-research.htm )から入手できます。
またグラクソ・スミスクライン株式会社のホームページからも入手可能です。
( http://glaxosmithkline.co.jp/corp/csr_scholarship.html 

当基金はGSKの継続的な社会貢献活動のひとつとして学術の振興発展と日英両国の友好を資することを目的に、公益信託制度を適用して1990年6月に発足しました。募集は今年で23回目を迎え、昨年までに35人に奨学金を支給しました。グラクソ・スミスクライン株式会社が委託者、三菱UFJ信託銀行株式会社が受託者となり、英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルの協力を得て奨学生の募集を毎年行っているものです。奨学生は6月末までに開催される当基金の運営委員会で選考・決定されます。

GSKでは去年の東日本大震災により被災し、経済的に修学継続が困難な東北大学薬学部および東北薬科大学に就学する学生を対象に奨学金を支給するオレンジスカラシップも運営しています。GSK本社ビルの節電による経費削減分を主な原資として、月額5万円を卒業まで支給するというもので30人が奨学金受給者として選考・決定されました。

 

生きる喜びを、もっとDo more, feel better, live longer
グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。