製造販売後臨床試験とは?

新しい薬が販売されるようになると、多くの患者さんの病気の治療に使われますので、治療効果や安全性について、引き続き情報を集めることが必要となります。
そのため、国(厚生労働省)に認められ、病気の治療で使われるようになった後も引き続き、患者さんにご協力をいただいて試験を行います。
この試験のことを「製造販売後臨床試験」といいます。製造販売後臨床試験は法律によって定められており、また、その結果は、治療効果や安全性の情報として、国(厚生労働省)に報告され再び審査が行われます。このようにして、薬はより安全で効果的にそして適正に使用されるようになります。

>製造販売後臨床試験に関するQ&A