治験とは?

新しい薬が使用できるようになるには、薬の候補の有効性と安全性を確かめるため、たくさんの患者さんの協力による試験(臨床試験)を行う必要があります。
薬の候補の有効性と安全性が確認され、国(厚生労働省)に認められた後、初めて薬として使用できるようになります。
このような、国(厚生労働省)に認められるまでに行われる臨床試験のことを「治験」といいます。

>治験に関するQ&A