「クリニカル・スタディー・レジスター」

GSK、結果が肯定的であるか否かにかかわらず、自社医薬品の臨床試験をすべて公開しています。このことは、医学の進歩にとって極めて重要であると考えます。これはまた、私たちの医薬品に関する科学的知見について、処方医および患者さんに情報を提供する最善の道でもあります。

研究者、医療関係者、そして一般の方々も、「クリニカル・スタディー・レジスター」(英語)のウェブサイトから、GSKがスポンサーした臨床試験の収集データにアクセスできます。

このレジスターには以下が含まれています。

  • 進行中の試験の治験実施計画書(プロトコル)の概要(何が調べられており、何を発見することを目的としているかについての簡単な説明)。
  • 治験薬も承認済み医薬品も、その化合物に関して完了している臨床試験の結果。
  • 観察研究(GSKの医薬品に関する研究)およびメタ解析(2つ以上の先行試験の結果を結びつけて解析するもの)の結果。
  • 中止となった医薬品の試験結果。これによって科学界研究の非生産的領域について知ることができ、ボランティアが類似化合物に暴露されることが少なくなると思われます。
  • GSKの臨床試験に参加する治験責任医師の氏名。

「クリニカル・スタディー・レジスター」(英語)へ。