今市工場~患者さんに高品質の医薬品を確実にお届けする~

日本における唯一の生産拠点

今市工場はGSKの日本における唯一の生産拠点で、患者さんの期待に応え、その期待を上回る品質を確保し、常に製品をタイムリーに市場に供給する責務を負っています。製品の中には、すでに海外の工場で生産されて日本に供給されるものもありますが、それらの製品は埼玉県加須市にある物流センターに直接搬入されます。その後に検査を行い、大阪市にあるもうひとつの物流センターや卸業者さんに届けられます。工場は、豊かな自然と東照宮など2社1寺が世界遺産に登録されていることで有名な栃木県日光市にあります。日光国立公園に隣接した28万㎡の広大な敷地の中、1973年に操業を開始しました。

海外ネットワークと連携した生産体制

今市工場と物流センターはGSKグループの生産供給組織の主要な一翼を担っています。日本のGSKはいち早くエンド・ツー・エンド・サプライチェーンを構築しました。つまり私たちは日本市場の声を代表してこれを海外のグループ工場に伝え、なおかつ日本市場に流通する製品すべての品質の番人の役割を果たしています。生産ネットワーク、今市工場と物流センターは、常にその全活動において品質と社員の安全を重要ととらえ、最上級の統合されたサービスを国内に提供します。 

一人ひとりが品質を追求

医薬品の生産には、高度な生産管理と徹底した品質管理が求められます。生産管理および品質管理に関する業界基準であるGMP (Good Manufacturing Practice:医薬品及び医薬部外品の生産管理及び品質管理の基準) に適合する必要があります。今市工場では、作業方法を工場全体で統一したGSK 生産システム(GPS)と呼ばれるシステム化された工程を実現しています。このシステムはGMPに準拠し、安全や品質、サービス、コスト、イノベーションにおける継続的な改善を推し進めています。今市工場はスタッフの能力、生産技術や設備に積極的に投資し、確実で高度な製品の品質を保持できるようにしています。

すべての原料や資材、中間製品、最終製品については徹底した品質検査を行っています。経験豊かなスタッフによって、生産に用いられる原資材や中間製品、最終製品の品質を新しい分析手法を利用し、最新の科学情報に接しながら、徹底した品質保証システムに従って検査を行っています。

社員全員がすべての業務において、品質に対する厳しい目を持つことの重要性を理解しており私たちのDNAに刻まれています。研修プログラムによる能力開発や技術面の投資を行うことで原材料から物流センターに運ばれる最終製品にいたるまで、品質の高い製品を生産することを確かなものにしています。

地域社会からの信頼を大切に

GSKでは、事業活動のすべてに環境への配慮と社員の健康と安全のリスクを管理することを求めるHS(Environment Health and Safety)プログラムがあります。今市工場では廃棄物やエネルギー、水の消費量削減など数値目標をたてた環境対策に取り組んでいます。同時に社員の健康管理や安全な作業推進を図り、業務上の疾患による労働損失を少なくして業務が遂行できるような労働環境を提供しています。

GSKでは地域ボランティア活動のために世界中の社員に毎年1日の有休休暇を与えるOrange Dayを設けています。今市工場でも2009年から毎年工場の稼働を1日止めて全社員と東京本社からの参加者とを合わせて総勢400人ほどでボランティア活動を行っています。その活動は日光市を中心に栃木県内の社会福祉施設や公共施設の支援活動や清掃活動など多岐にわたります。

また1973年の工場操業開始以来、日光市の小・中学生を対象にグラクソ・スミスクライン杯ソフトテニス大会を開催しています。これは、長期的な地域貢献活動のひとつであり、地元の小・中学生のソフトテニスのレベルアップと親睦を深めることを目的に毎年開催しているものです。
これに加えて、GSK Orange Unitedホッケーチームを通して、地元の学校でホッケーを教える活動を始めました。これは2020年の東京オリンピックに栃木県からより多くのホッケー選手を輩出できるよう選手の能力を高めることを目的としています。
これらすべての地域貢献活動が地域社会との絆を深め、GSKへの信頼を築いています。

患者さんに高品質の医薬品を確実にお届けする。これが私たちの使命であり、最優先の課題です。その使命を果たすために常に改善を心がけています。生産供給に携わる社員一人ひとりが熱意と向上心を持ってさまざまな活動や挑戦に取り組むことで、より多くの人々の「生きる喜びを、もっと」の実現に向けて貢献していきます。