カンパニー・オブ・ザ・イヤー - グラクソ・スミスクライン

2016 BBA 受賞企業プロフィール:

カンパニー・オブ・ザ・イヤー - グラクソ・スミスクライン

 2016121

9回ブリティッシュ・ビジネス・アワードが20161111にヒルトン東京ホテルで開催され、グラクソ・スミスクライン株式会社がカンパニー・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。

2016年、ブリティッシュ・ビジネス・アワード(BBA)カンパニー・オブ・ザ・イヤーに選ばれる企業は、過去12カ月を中心に、日本において、その組織のあらゆる側面で、卓越さと際立った成果を示すことが求められました。在日英国商工会議所(BCCJ)は、グラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)を受賞企業として発表できることを嬉しく思っています。

GSKは、居住地域や経済状況に関わらず、人々がより多くのことをなし、より充実して長生きすることを助け、医薬品へのアクセスを広げたことで、また日本社会に向けた目に見える貢献とその熱心な取り組みを広く知らしめたことで評価されました。

アワードの受賞についてチームを代表して、GSKの社長フィリップ・フォシェ OBEは、「2016年ブリティッシュ・ビジネス・アワードのカンパニー・オブ・ザ・イヤーの受賞を大変光栄に思うとともに、素晴らしい業績を上げられたほかの多くの優れた候補の中から当社を評価していただいた審査員の皆様に感謝申し上げます」と述べています。

「当社はこれまでも、ビジネスのあり方を近代化し再構築することで、長期的な持続性を確保するために業界に先駆けた活動を通じ、同社の価値観のひとつである『患者さん中心』の医療の実現にむけて取り組んできました。」

今回の受賞は、GSKジャパンの社員が日本における医学・科学の発展に貢献するためのビジネスのあり方を進化させる取り組みや、私たちの支援を必要としている地域社会や人々に対して「オレンジの旗」の下、継続的に行っている社会貢献活動などの真摯な取り組みが評価されたものです。

私たちは、今後もイノベーションを加速させ、私たちのステークホルダーの期待に応えることで、人々の「生きる喜びを、もっと」を実現させるため、一層邁進してまいる所存です。」

GSKは、常に患者さんの利益が確実に最優先されるよう、ビジネスモデルを近代化し、再構築するために業界をリードする変革を行ってきました。営業担当者の評価制度から個人の売上目標を撤廃し、活動の質で評価されるようにしました。また、医療関係者がGSKのためにGSKの製品や疾患領域について講演することに対し金銭を支払うというこれまでの慣行も廃止しました。このユニークなビジネスモデルはその透明性を称賛され、日本のいくつかのマスコミで取り上げられてきました。

GSKは、2016年5月の日本の伊勢志摩サミットでの、グローバルヘルス・セキュリティ向上のための具体策に向けたG7リーダーの提唱に尽力しました。科学に根差したヘルスケア企業として、GSKは、エボラ出血熱、ジカ熱のような新興感染症や抗菌剤の薬剤耐性との戦いなど、関係する多くの問題についての課題にも積極的に取り組んでいます。

GSKには世界中で最も広範な40の研究開発ポートフォリオがあり、その80%がファースト・イン・クラスとなる可能性があります。日本では、2015年に9件の新製品について規制当局の承認が得られ、承認申請におけるマーケットリーダーとしての地位を維持し、研究開発において大きな成功を収めた年となりました。

GSKは日本では、呼吸器、抗ヒスタミン剤、前立腺肥大症、痙縮および抗HIVの分野でマーケットリーダーとして広く認められています。アレルギー性鼻炎、てんかん、パーキンソン病、肺高血圧症およびB型肝炎治療のマーケットでも2位を占めています。

当社は医療及び生命科学の発展への貢献を強く確信しています。GSK医学教育事業助成」は、日本の医療の質と知識の向上を支援するために、2016年より新たに開設された助成制度です。GSKは乳幼児にとって安全でありつつ同様に高齢者が使いやすい革新的な包装の開発の分野で業界をリードしており、昨年は2015日本パッケージングコンテストで賞を受賞しました。

ダイバーシティ&インクルージョンについても熱心に取り組んでおり、2016年の半ばでは、GSKの取締役会メンバーの50%と、新規採用者の46%が女性でした。身体障害を持つ従業員が47人いて、そのうちの3人はデフリンピックやパラリンピックの大会に出場しています。昨年は15人の男性スタッフが育児休暇を取り、会社はワーク・ライフ・バランスと成果主義の報酬制度を提唱しています。

GSKジャパンの社員は、2015年1月から2016年6月までの間に、世界中の100万人の子供たちの命を救うことを目指す世界的なパートナーシップ・プログラムである「オレンジ・ユナイテッド」を通じて、セーブ・ザ・チルドレンに3,200万円を寄付しました。この資金の一部は地震の被害を受けた東北と熊本の子供たちの支援のために使われました。

GSKは2011年に、GSKオフィスのエネルギー節減を原資にしたオレンジ・スカラシップも立ち上げました。この奨学金は津波の被害を受けた東北地方の30人の薬学の学生の教育を支援してきました。