企業活動と医療機関等・患者団体との関係の透明性に関する指針に基づく2017年度の支払いデータの公開について

PDFダウンロード(194KB)

グラクソ・スミスクライン株式会社(社長:ポール・リレット、本社:東京都港区、以下GSK)は、透明性ガイドラインに基づく2017年度(2017年1月1日から2017年12月31日)の医療機関等ならびに患者団体に対する支払いを8月24日から当社ホームページで公開いたしました。


医療機関等への資金提供等の情報:
http://jp.gsk.com/jp/about-us/compliance/transparency-hcps/

患者団体への資金提供等の情報:
http://jp.gsk.com/jp/about-us/compliance/transparency-patient-groups/

この度の情報開示についてGSKの代表取締役社長のポール・リレットは次のように述べています。
「GSKは、透明性と公正性を確保することで、すべてのステークホルダーとの信頼関係を構築し、社会から高い評価を得られる企業となることを目指しています。これからも、医療関係者、患者団体と連携しながら、イノベーションを進め、よりよい新薬を患者さんに届けてまいります。」

GSKは、より多くの人々に「生きる喜びを、もっと」を届けることを存在意義とする科学に根差したグローバルヘルスケアカンパニーです。詳細情報はhttps://jp.gsk.com/を参照ください。