ドライマウス啓発ウェブサイトをオープン

ドライマウスは、4人に1人が経験する(*1) 身近な状態
ドライマウス啓発ウェブサイトをオープン
ドライマウスの状態や原因を正しく理解することが、対策のはじめの一歩

PDFダウンロード(462KB)

英国系製薬企業グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社(社長:シッド・シン、本社:東京都港区)は、ドライマウスの状態や原因、リスク、そして対処法について理解を深め、お口の健康を維持する毎日のオーラルケアの重要性についてより多くの方に知っていただくために、ドライマウス啓発ウェブサイトをオープンいたしました。

ドライマウスは成人の4人に1人(*1)に見られるよくある状態で、唾液腺からの唾液の分泌が充分でない場合などに起こります。唾液には、口内を潤し快適に保つ、食べ物の消化を助ける、ムシ歯から歯を守る、細菌の繁殖を抑えて感染症を防ぐなどの重要な役割があるため、ドライマウスは口内の健康状態に悪影響を与えることがあります。ドライマウスによって不快に感じるだけではなく、ドライマウスの状態をそのまま放置すると、口臭、ムシ歯、口腔感染症などにつながる恐れがあり、最大で約3倍ムシ歯のリスクが高まります(*2)

日本においてもドライマウス状態の方は多く(*3)、ドライマウスの自覚がない方が多いのが現状です。そのため、ドライマウスについて正しい知識を身につけ、お口の健康への影響やドライマウスの対処法を学ぶことが重要であり、ドライマウス関連情報サイトの必要性が高まっていました。

本ウェブサイト (https://japan.biotene.com) では、ドライマウスの基礎知識、お口の健康への影響、渇きがちなお口のケア、ドライマウスと上手につきあう対処法を学ぶことができる情報とともに、ドライマウスのセルフチェックができるコンテンツも提供しています。 

 

ドライマウスには歯周炎や歯肉炎、ムシ歯、口腔感染症などのお口の健康へのリスクがあります。まずは、ドライマウスについて正しく理解することが、対策のはじめの一歩です。ドライマウスのケアとお口の健康を守るために、ドライマウスの状態、原因と対処法を学びましょう。 詳しくは、本ウェブサイト (https://japan.biotene.com) をご覧ください。

お口の健康を維持するために、毎日のケアに加えて、歯科医院での定期的な検診も重要です。
ドライマウスに関することや不快感を和らげる方法は、早めに歯科医師、医師、薬剤師にご相談ください。

 

「バイオティーン」は、渇きがちなお口にやさしい、口腔ケアブランド!
バイオティーン製品は、渇きがちなお口のことを考えた独自処方。オーラルバランスジェル、マウスウォッシュは中性域のpHで、ノンアルコール低刺激。
口腔ケアブランド「バイオティーン」は、2002年に日本での販売を開始して以来、多くのお客様にお使いいただいております。日本のうるおいケア市場は、2017年は対昨年比102%と堅調に拡大しております。
(インテージSRI 口腔うるおいケア市場 2016年1月~2017年12月)

「バイオティーン」製品は、渇きがちなお口のことを考えた独自処方!
「バイオティーンオーラルバランスジェル」: 渇きがちなお口にやさしいジェルタイプの口腔化粧品。うるおいジェルが、渇きがちなお口を潤し、口臭などの不快感を和らげます。(内容量42g オープン価格)
「バイオティーンマウスウォッシュ(洗口液)」: 渇きがちなお口にやさしいうるおい感を与えるマウスウォッシュ。キシリトールの甘みとやさしいミント感で、お口のにおいをさわやかに。(内容量59ml、240ml、474ml オープン価格)

 

●ご使用に際しては、製品に記載されている“使用上の注意”をお読みください。

製造販売元: グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社
発売元: アース製薬株式会社
販売先: 全国の薬局・薬店、スーパー、ホームセンターなど
希望小売価格:オープン価格
製品サイト: https://japan.biotene.com/dry-mouth-products.html

 

(*1) Nederfors T, et al. Community Dent Oral Epidemiol 1997; 25(3): 211?216
(*2) Xerostomia, Etiology, recognition and treatment; James Guggenheimer DDS, Paul A Moore, JADA, Vol.134, Jan 2003 (page 5) 
(*3) 平成28年歯科疾患実態調査