グラクソ・スミスクライン 2016年度業績発表

この資料は、英国グラクソ・スミスクラインplcが2017年2月8日に発表したプレスリリースの日本語抄訳であり、報道関係者各位の利便性のために提供するものです。この資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語が優先します。詳細はhttp://www.gsk.comをご参照下さい。

PDFダウンロード

2016年も勢いが継続 幅広い売上の成長、キャッシュフローの向上、開発パイプラインがさらに前進

グラクソ・スミスクラインplc(GSK)は2月8日(ロンドン現地時間)、2016年度の業績を発表しました。概要は以下の通りです。

コア・ビジネスの業績結果*
  2016  成長率  Q4 2016  成長率
  £m CER% £%  £m CER%   £%
売上 27,889 6 17  7,586  3  21
コア・ビジネスの営業利益 7,771 14 36  2,062  16  52
コア・ビジネスの一株当り利益 102.4p 12 35  26.1p  11  45

 

業績結果
  2016  成長率  Q4 2016  成長率
  £m CER% £%  £m  CER%  £%
売上 27,889 6 17 7,586  3  21
営業利益 2,598 (86) (75)  595 >100 >100
一株当り利益 18.8p (99) (89) 5.3p  >100  >100

単位:£mは百万英ポンド、pは英ペンスを表す

CERベース:グループの業績は、CERベース(恒常為替レート:業績をポンド換算する為替レートが前年同期と同じと仮定した場合の伸び率を表わす)で表示されます。業績の解説は特別に明示されていない限り、CERベースにより示されています。
*コア・ビジネスの業績報告:コア・ビジネスの業績は、以下を除きます-無形資産(ソフトウェアを除く)および営業権の償却・減損、重要な買収に伴うコストを含む主要構造改革費用、訴訟案件および政府調査の和解に関する訴訟関連費用(保険金の払い戻しを差し引いた額)、ロイヤリティー収入を除くその他の営業利益、関連会社・製品・事業の売却、および主要な買収に対する税効果会計の適用を含む取引に関する会計の調整。 これらを除いているのは、影響度合いと金額のぶれ幅が大きくなりえることや、報告方法の統一性を保ち、他社との比較を容易にするためです。 コア・ビジネスの業績報告は、業績結果、キャッシュフロー創出や他の指標と共に社内業績報告の一つの基準として用いています。GSKは、コア・ビジネスの業績報告はグループの事業業績をより忠実に表し、業績をけん引する主なトレンドや要因を株主が把握しやすくなると考えています。また、コア・ビジネスの上記の定義は、多くの同業他社でも採用しており、GSKグループの業績もこれに合わせた形になります。

 

2016年度業績概要

  • グループ全体の売上は279億ポンド、CERベースで6%増、CERプロフォーマベースで5%増。
    • 医療用医薬品は3%増の161億ポンド(プロフォーマベースで4%増)、ワクチンは14%増の46億ポンド(プロフォーマベースで12%増)、コンシューマーヘルスケアは9%増の72億ポンド(プロフォーマベースで5%増)。
  • 新製品の売上は2倍以上の45億ポンド、2016年第4四半期はCERベースで71%増の14億ポンド。HIV(「テビケイ」、「トリーメク」)、呼吸器(「レルベア」、「アノーロ」、「エンクラッセ」、「ヌーカラ」)および髄膜炎ワクチン(Bexsero、 Menveo )がけん引。
    • 医療用医薬品の新製品の売上は、医療用医薬品の2016年の総売上の24%を占める(2016年第4四半期は27%)。
  • 3事業全てにわたりコア・ビジネスの営業レバレッジが向上。
    • グループ全体のコア・ビジネスの営業利益率は27.9%、医療用医薬品は34.1%、ワクチンは31.7%、コンシューマーヘルスケアは15.5%。
    • 2016年は、14億ポンド追加でコスト削減。2億ポンドの為替のプラス影響を含め年間で30億ポンドを削減。
  • 2016年のコア・ビジネスの一株当たり利益は102.4ペンス、CERベースで12%増。
  • 2016年の一株当たり利益は18.8ペンス、CERベースで99%減。これは主に、販売していたオンコロジー製品の売却に伴い2015年に得た92億ポンドの利益との比較を反映しています。
  • 2016年の営業活動からのネットキャッシュフローは65億ポンド(2015年は26億ポンド)で、業績が向上したことと為替変動の好影響を反映。
  • GSKと塩野義製薬は、ヴィーブヘルスケアに関する塩野義製薬の売付選択権およびGSKの買付選択権の最初の2つの権利行使期間を削除することに合意。これに伴い、12億ポンドの売付選択権の負債を資本として認識。
  • 2016年第4四半期の配当は23ペンスで、2016年の年間配当は80ペンス。2017年の年間配当は引き続き80ペンスの見込み。
  • 2017年はグループ全体として引き続き前進していく見込みですが、コア・ビジネスの一株当たり利益の成長率は、米国における「アドエア」の後発医薬品との競合のタイミングと影響が不確実なため、その影響を受けるかもしれません。
    • 米国における「アドエア」の後発医薬品との競合がない場合、2017年のコア・ビジネスの一株当たり利益の成長率はCERベースで5-7%の見込み。
    • 米国における「アドエア」の後発医薬品が今年の中ごろに参入した場合、米国における「アドエア」の2017年の年間売上はCERベース(米ドル1.36/1ポンド)で~10億ポンドの見込みで、コア・ビジネスの一株当たり利益の成長率はCERベースで横ばいから若干の減少の見込み。
    • 為替相場が2017年1月の平均レベルを年間を通して維持された場合、ポンドベースの売上とコア・ビジネスの一株当たり利益への影響は、それぞれ約6%増と約9%増の見込み。
  • 開発パイプラインは、引き続き前進しており、2017年/2018年に複数のマイルストーン達成の見込み。
    • 2016年下半期は、4製品を承認申請( Shingrix、3剤配合吸入剤、 Benlysta皮下注用製剤、 sirukumab)、2017年の年末までに当局による判断が行われる見込み。
    • HIV、呼吸器、貧血の品目に関して4つの主要な第III相臨床試験を2016年第4四半期に開始。
    • HIV、呼吸器、免疫・炎症性疾患、がん、ワクチンを含む20-30の有望な品目に関する主要データが2018年の年末までに入手予定。

GSKのCEOであるアンドリュー・ウィティー卿は次のように述べています。

2016年は、3事業全てで売上が良好に伸び、新製品の勢いも素晴らしく、コスト管理に取り組み、開発パイプラインも前進するなど高い業績が見られました。2016年のコア・ビジネスの一株当たり利益は12%増の102.4ペンスで、第4四半期の配当は23ペンス、2016年の年間配当は80ペンスと発表しました。

GSKの業績は、グループの新たな規模の拡大と持続性の拡充や新製品開発への投資を反映しています。新製品の売上の勢いは継続すると見込んでおり、Shingrixや3剤配合吸入剤など他の主要製品に関する当局の判断も予定されているなか、投資家に対して以前に示した業績の見通しについて引き続き達成できると確認しています。

今年は、米国で「アドエア」の後発医薬品が参入する可能性があることから一株当たり利益の見通しについて不確実な状況に直面することは明らかで、本日発表した見通しにはこれが反映されています。「アドエア」の後発医薬品の参入の可能性については予想しており、準備をしてきました。業績への影響は避けられないものの、新製品や革新的なパイプラインを有していることからこの領域におけるリーダーシップを維持できると考えています。

GSKの開発パイプラインですが、今後の24カ月は非常に重要な期間になります。HIV、呼吸器、免疫・炎症性疾患、がん、ワクチンで20-30の品目に関する主要データを入手する予定で、研究開発に引き続き集中して取り組んで行くことになります。

社員として30年以上、CEOとして10年近く業務に従事してきましたが、当四半期が株主に対する最後の報告となります。GSKは、世界各国の人々の生活に影響を与えることができる特別な会社であり、このような会社を率いることができたことを大変光栄に思っています。高い業績を達成し、社会に意義のある貢献を行う会社を構築できたのも、全てのGSK社員、パートナーと株主のサポートのおかげです。心より感謝申し上げます。


生きる喜びを、もっと Do more, feel better, live longer

グラクソ・スミスクラインは、研究に基盤を置き世界をリードする、医薬品およびヘルスケア企業であり、人々が心身ともに健康でより充実して長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くすことを企業使命としています。