営業 九州第1リージョン営業統括専門領域営業(長崎エリア)

”未経験からMRに転身、GSKは、年齢や肩書に関係なく誰にでもチャンスがある会社だと思います”

Q. 入社の経緯と現在どのような仕事を担っているのか教えてください。

2007年に異業種契約社員MRとしてGSKに入社しました。前職は航空会社に勤務しており、営業経験はありませんでした。もともと医療関係の仕事に携わり社会に貢献したいという想いがあったものの、特に資格もなかったので正直あきらめていました。そんな時に、GSKの募集を見て応募し、幸運なことに入社することになりました。最初は、地元の広島県を担当し、その後、希望をしていた中枢神経系領域に異動、4年前より長崎で大学病院のMRとして活動しています。
現在は、医療情報の正確かつスピーディーな提供をはじめ、医師をはじめとする医療関係者のニーズを踏まえた講演会の企画などを行っています。社内スタッフをはじめ、関係者との連携を積極的に図り、リーダーシップを発揮して率先垂範だけでなくチームを取りまとめることを意識しています。

Q. GSKに入社してよかったこと、誇りに思うことがあれば教えてください。

自分が目指す方向性がしっかりと描けており、チャレンジ精神や熱意があれば、GSKでは、年齢、肩書に関係なく誰にでも大きなチャンスがあると感じています。

他業種から転職した私が一番感じていることは、まわりからのサポートが充実しているということです。上司や先輩から、熱心に知識やスキルを教えていただいたことをはじめ、有益なアドバイスを常に受けることができます。
そして、本社スタッフとも直接接する機会が多く、風通しが良い会社であると感じています。営業はひとりで活動する時間が比較的多く、責任感とともに孤独を感じることもありますが、GSKは組織がしっかりしているので、常にチームで課題解決に取り組むことができます。

Q. これからどのように自分を成長させていきたいと思いますか。今後のあなたの目標と、目標達成のためにしようと考えていること(現在取り組んでいること)を教えてください。

将来は、営業の経験をもとに、キャリアの幅をさらに広げていきたいと考えています。例えば、現在はチームのマネジメントや人財の育成に興味があります。GSKは社内公募も充実しているので、現在の業務に邁進しながらも、次のチャンスのため、英語学習をはじめとした準備も常に心がけています。今後も努力を怠らず、自分を常に成長させ、社会、そして患者さんに貢献していきたいと考えています。

 

※掲載内容はすべて取材当時のものです。