結核は、世界でも死因の上位10位に入っています。ところがこの100年ではじめて、この疾患に対する新たなワクチン候補を見つける上で大きな一歩が踏み出されました。

私たちは「生きる喜びを、もっと」をより多くの人々に届け、世界中の人々がより充実して心身ともに健康で長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くしたいと考えています。

はしかやおたふく風邪といった、最も一般的な小児感染症の多くにワクチンが広く利用できるようになってきたことに伴い、多くの人はワクチン開発の黄金期がすでに過ぎたと考えています。

世界中で3億8400万人が慢性閉塞性肺疾患(COPD)の症状を抱えて生活しており*1、さらに3億5800万人 *2が 喘息の症状に苦しんでいます。

喘息に苦しみ、症状をコントロールするため、日常的に吸入器を使用している人たちがいることを知っていますか。

Back to top