オープンイノベーション・パートナーシップにおけるGSKの関心領域

医療用医薬品部門の一覧表

現在、オープンイノベーション・パートナーシップにおける私たちの重点的な関心領域は上記のとおりです。様々なモダリティ(低分子、抗体、核酸等)、そして様々なステージ(アイデア段階、前臨床から臨床段階、コマーシャル化された段階)について個別に対応しておりますので、以下のリンクからお気軽にご連絡、ご相談ください。

GSK オープンイノベーション・パートナーシップお問い合わせフォーム

GSKのアプローチ

私たちは、多様化したグローバルなヘルスケアビジネスを成功に導くためには、学術機関、企業、慈善団体および個人とのパートナーシップおよびコラボレーションが大変重要であると考えています。社外の組織と協力することで、世界中の人々のアンメットニーズに対応できるよう、科学的研究、製品の開発を進めていきたいと思っています。

私たちは、様々な国において、様々な形で外部パートナーとの幅広いコラボレーションを進めております。興味をお持ちの場合は、ぜひこのページの上のリンクから皆さまのご意見をお聞かせいただければ幸いです。

①新しい医薬品、ワクチンまたはコンシューマーヘルスケア製品のビジネスパートナーシップ。

②学術的パートナーシップ - 新しい医薬品を開発するために、私たちは定期的に大学や外部の研究チームと協力して、世界中の人々が直面している健康問題に取り組んでいます。

③ベンチャーファンド - 起業家またはベンチャー企業に対し、アイデアを具現化させるお手伝いをしています。

④顧みられない熱帯病 - 発展途上国での疾病をターゲットとした連携のために、政府、慈善団体、企業、学術機関と協力し、商業的利益が限られている地域において知的財産権に対しオープンなアプローチを共有したいと考えています。

⑤バイオエレクトロニクス研究開発 -生物学、電気生理学、神経工学、バイオインフォマティクスなど、さまざまな分野の外部科学者と提携し、バイオエレクトロニクスを開発しています。

現在重点リストに載っていない分野であっても、興味関心領域を広く設定していますので、協業に繋がる可能性があります。ぜひお気軽にご連絡ください。

GSKがお手伝いできること

外部組織とのコラボレーションは、当社の事業戦略の中核をなす部分です。 新しいアイデアを開発するパートナーを探す場合、また既存の製品を共同販促してマーケットシェアを拡大する場合等、様々なケースがあります。

私たちがパートナー様にご提供できる点としては以下があげられます。 
① 当社の世界にまたがるリソースにアクセスすることができます - 私たちは114カ国で事業を展開し、コンシューマーヘルスケア製品は120カ国以上で販売されています。
② 当社の専門知識を活用して、新薬の承認、製品の発売、ブランドの開発を支援することができます。
③ 当社の科学者と協力してアイデア、リソース、知識を共有することができます。
④ 開発から納品までプロジェクト全体を通じてサポートを受けることができ、個々のプロジェクトの目的に合致するようにアライアンス契約を設計することができます。