Comic Reliefとのパートナーシップ

撮影:Mia Collis / Comic Relief

マラリア撲滅に向けたComic Reliefとの協働

各国の保健制度を強化することに焦点を当てた5年間のパートナーシップ。私たちはマラリア撲滅のための取り組みを支援するため、地域と協力しています。

過去15年間で、マラリアへの対処には大きな進展がありました。WHO によるWorld Malaria Report(英語)によると、2000年以降、死亡数は半数以下となりましたが、それと同時に世界的にマラリア防除が未曾有の成功を収めた後の進展に行き詰まりが生じており、数年のうちにというより、次の雨季の間にも今の状態が簡単に覆る可能性があることが指摘されています。

マラリアにより毎年ほぼ50万人の命が奪われ続けていますが、その殆どがアフリカに住む非常に幼い子どもたちの命です。マラリアは予防可能で治療可能な疾患ですが、未だに多くの犠牲者を出し経済的打撃を与え続けているのです。

YouTubeのビデオをご覧下さい(英語)

216,000,000

2016年だけでも、91カ国で、合計2億1,600万のマラリア症例が報告されています。これは、前年比で500万症例を超える増加となります。世界的には、マラリアによる死亡数は445,000人に達しており、2015年の報告とほぼ同数となっています。

2,200万ポンド

GSKからは1,700万ポンド、Comic Reliefからは500万ポンドの寄附が集まりました。

 

撮影:Mia Collis / Comic Relief

パートナーシップについて

GSKではComic Reliefとともに、マラリアが蔓延している5カ国に居住する人々に真に貢献することを目指しています。Comic ReliefとGSKは、マラリア撲滅の最善策の1つは、地域と協力し、その地域の、さらには全国的な保健サービスを強化してこの疾患と闘う力を向上させることであると考えています。

マラリアの蔓延を防ぐことができれば、それがもたらす深刻な影響は小さくなっていくでしょう。そして結果的には貧困の中で生きている人々の全体的な健康状態がさらに向上することにもつながり、地域全体が繁栄する可能性も高くなります。

GSKとComic Reliefはともにマラリアを撲滅することにより人間と経済の可能性が引き出されるものと考えます。子どもたちには健康に成長する可能性を、医療従事者には自分のリソースの重点を他の課題に移す可能性が与えられるのです。マラリアのない未来には、それを勝ち取るだけの価値があるのです。