社長メッセージ

グラクソ・スミスクライン株式会社の社長メッセージ

新たな時代にスピード感を持って業界を切り拓く
患者さん中心の医療実現に向けて

GSKは、科学に根ざしたグローバルヘルスケア企業として、「生きる喜びを、もっと」を使命に、世界中の人々がより充実して心身ともに健康で長生きできるよう、生活の質の向上に全力を尽くしています。

GSKはファースト・イン・クラスとなる可能性がある広範な研究開発ポートフォリオを有しています。日本では2000年以降、業界最多の薬事承認を取得しており、2016年までに適応拡大を含む97件の承認を取得しました。研究開発型の企業として、グローバルとの同時開発により、これからも患者さんや医療関係者のメディカルニーズに応えることができるよう努めたいと思っています。

2015年には、更なる透明性と公正性を確立し、適切な薬を適切な患者さんに正しい情報と共にお届けするために、個人売上目標を撤廃した医薬情報担当者(MR)の新たな評価制度を導入し、医療関係者との協働のありかたを追求してまいりました。また、独立型の科学および医学教育の助成制度を開設するなど革新的なビジネスモデルを業界に先んじて導入することで、更なる医療への貢献を目指しています。

このような透明性と倫理基準の高い活動に加え、GSKでは、社員による地域社会貢献活動や多様性と包括性のある企業文化の醸成を通じて、ステークホルダーの皆さまと長期的な信頼を築き、企業として持続的成長を遂げていきたいと考えています。

医薬品業界は、かつてないほどの大きな変化がグローバル規模で起きており、今後もますます加速していくものと思われます。GSKはこの新たな時代に、変化を捉え、更にスピード感を持って、イノベーションの創造と患者さん中心の医療を目指し挑んでまいります。

グラクソ・スミスクライン株式会社
代表取締役社長 菊池 加奈子